ここから本文です

Googleが新たな人工知能翻訳サービス発表……エラー平均60%減少

HARBOR BUSINESS Online 2016/10/6(木) 9:10配信

 Googleが人工知能技術であるディープラーニング(deep-learning:深層学習)技術を、翻訳サービスに活用開始した。今回使われているディープラーニング技術は、囲碁プログラム「アルファゴ(alphaGo)」に使用された汎用人工知能(AGI)アルゴリズムと同じものだという。

 海外専門誌などによると、Googleは27日、「Googleニューラルマシン翻訳」(GNMT)システムを利用した翻訳サービスを開始すると発表した。同日は、Googleがインターネットで機械翻訳サービスを開始してから10周年になる日。既存のサービスは、「フレーズベースマシン翻訳」(PBMT)システムを利用したものだった。

 Googleは、GNMTを人が直接監修した結果、既存のPBMT翻訳に比べエラーが平均60%、言語に応じて58%(英語、中国語)から87%(英語、スペイン語)まで減少したと明らかにした。これは、ウィキペディアやニュースサイトから抽出したサンプル文章を翻訳した結果だ。

 これまで採用されてきたPBMT翻訳の場合、入力された文章を単語やフレーズに分解し、それぞれ対応する外国語の単語やフレーズに移行後、合成し文章で出力してきた。一方、GNMTの翻訳は、入力された文章を丸ごと読んで翻訳する。入力された特定の単語について、人工知能は学習に使用された膨大なデータのなかから適切な言葉を見つける。

◆英語、中国語は提供開始、近日中に他言語も

 Googleはこの日、ウェブとモバイルで展開するグーグル翻訳で、英語と中国語の翻訳サービスを提供開始しており、近いうちに他言語にも対応すると発表した。

 中国語サービスから開始したことについてGoogle側は、インド―ヨーロッパ間の翻訳に比べ、中国語の翻訳が最も難しいとしたうえで、これを実現する過程で体得したノウハウの活用が、今後の大きなメリットになるからだと説明している。

 Googleは、今回の翻訳もまだ人間のそれには及ばず、少なからぬエラーがあると認めた。ただし、ディープランニングをベースにした人工知能の学習経験の蓄積、関連技術などの発展に伴い、完全により近くなると強調した。

参照:Google Research Blog

<取材・文/jin kodama via ロボティア>

【ロボティア】

人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社新書)の著者・河鐘基が務める。https://roboteer-tokyo.com/

※ロボティアでは、今回の記事のほかにも下記のような記事を掲載中

・アディダスがほとんどロボットでつくったシューズを公開

・ソニーが人工知能で作曲した音楽を公開…スタイルはビートルズ

・人工知能「alphaGo」を作りだしたディープマインドとは

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:2016/10/6(木) 9:10

HARBOR BUSINESS Online

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!