ここから本文です

日産リーフの世界累計販売20万台を記念した特別仕様車「thanks edition」が発売

clicccar 10/6(木) 6:03配信

2016年10月3日、日産リーフの特別仕様車「thanks edition」が発売されました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

2009年12月に日米で発売されたピュアEVのリーフが世界累計20万台に到達したことを記念する特別仕様車。

2015年12月に追加された30kWh駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載したモデルは、一充電走行距離280km(JC08モード)を実現するなど、度重なる価格改定などを経ながら着実に進化されています。

今回発売された「thanks edition」は、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」、「X エアロスタイル」、「G」、「G エアロスタイル」がベース。

特別装備の内容は、「X」、「X エアロスタイル」がLEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)、オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知 おもいやりライト機能付き)、17インチアルミホイール(エアロスタイルはベース車に標準装備)。



「G」と「G エアロスタイル」には、本革シート(エアロスタイルはモダンホワイトレザーシート)ヒーター付ドアミラー、アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)、「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」を用意。



また、新たに3色のボディカラーが追加され、全12色となったカラーバリエーションは「thanks edition」に加えて、カタログモデルを含めたすべてのグレード(福祉車両「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)も含む)で選択できます。



日産リーフ「thanks edition」の価格帯は、372万3840円~456万4080円。なお同車は、CEV補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給対象で、24kWhバッテリー搭載モデルは補助金が26万4000円、30kWhバッテリー搭載モデルは補助金が33万円となります。



(塚田勝弘)

最終更新:10/6(木) 6:03

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)