ここから本文です

自転車窃盗のNHK副局長 動物バカの元名物ディレクター

デイリー新潮 10/6(木) 5:56配信

「自転車泥棒」といえばイタリアの名画だが、その哀愁に満ちた響きの裏には愛車を失い、地団駄を踏む人が多数いる。平成27年の全国の自転車盗難件数は26万件に上る一方、検挙件数は1万4000件余、検挙率は5・4%に過ぎないのだ。

 それでも静岡市内のある高校生は、自分の自転車を取り戻せそうだ。9月23日、自転車の窃盗容疑で静岡県警に逮捕された小林達彦容疑者(53)。昨年12月、「忘年会の帰りに早く帰りたくて盗んだ」と容疑を認めているというのだが、実はこの男、NHK静岡放送局副局長という幹部職員。

 NHK関係者は言う。

「自転車ドロで逮捕とは異例ですが、持ち主の名をテープで隠し、通勤に使っていたといいますから酔っての出来心ではすまされません。しかも驚いたのは、彼は自然番組を得意とし、“動物バカ”とも言われた元名物ディレクター。ロシアに棲息する幻のアムールヒョウの撮影に世界で初めて成功し、高い評価を受けました」

 NHK出身で元船橋市議の立花孝志氏も呆れる。

「地方局の副局長といえば、“上がり”の役職。年収は2000万円を下らず、その上、コンプライアンスの責任者。事件が起こったら本来、広報する立場ですよ」

 絶滅に瀕したアムールヒョウに関する著書で小林容疑者は高らかに述べている。

〈一つの種を守ることができないで、どうして他の種を守ることができよう〉

 野生動物を絶滅から守る御託の前に、まずは本人が法律を守らなきゃ。

「週刊新潮」2016年10月6日号 掲載

新潮社

最終更新:10/6(木) 5:56

デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。

なぜ今? 首相主導の働き方改革