ここから本文です

若手ビジネスマンの「共感する仕事の名言」TOP10

R25 10/7(金) 7:00配信

時代を超えて人々の共感を生む「偉人の名言」。とくに、「仕事」に関する悩みはどの時代も尽きなかったようで、各国の偉人たちが、仕事に関する様々な名言を残している。数ある名言のうち、現代のビジネスマンが最も共感する名言は何なのか。20~30代男性会社員226人にアンケート調査した。(R25調べ/協力:ファストアスク)

■共感できる仕事の名言ランキングTOP10
(全12項目のうち、上位1~3位を選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptで集計)
1位
「人生を成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである」(ゲーテ=詩人、政治家) 260pt
2位
「自分の仕事を愛し、それを大切に思うこと。これ以上に楽しいことがあるかしら」(キャサリン・グラハム=元「ワシントン・ポスト」会長) 173pt
3位
「世間が必要としているものと、あなたの才能が交わっているところに天職がある」(アリストテレス=哲学者) 144pt
4位
「労働なくしては、人生はことごとく腐ってしまう。だが、魂なき労働は、人生を窒息死させてしまう」(カミュ=小説家、哲学者) 141pt
5位
「一方はこれで十分だと考えるが、もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。そうしたいわば紙一枚の差が、大きな成果の違いを生む」(松下幸之助=パナソニック創始者) 103pt
6位
「最善とは言えない状況でやった仕事に、いちばん誇りを感じる」(スティーブ・ジョブス=元Apple社CEO) 69pt
7位
「一見たいしたことのない仕事でも、思い切って全力を注ぐことだ。仕事を一つ征服するごとに実力が増していく。小さい仕事を立派に果たせるようになれば、大きい仕事の方はひとりでにかたがつく」(デール・カーネギー=作家) 68pt
8位
「すぐれた人間は、いざと言う時が来ないでも、いつも全力を出して仕事をしている」(武者小路実篤=詩人、政治家) 58pt
9位
「褒められたい、認められたい。そう思い始めたら仕事がどこか嘘になります」(永 六輔=ラジオパーソナリティ、タレント) 57pt
10位
「世の既成概念を破るというのが、真の仕事である」(坂本龍馬=幕末の志士) 34pt

1位に輝いたのは、ドイツの詩人ゲーテの言葉。やりたかった文筆業の傍ら、法律を学び、ヴァイマル公国で公務にいそしんでいたという彼だからこその言葉に共感するビジネスマンは少なくないようだ。また、今年7月に他界が報道され、多くの人がその死を惜しんだタレント、永 六輔氏の格言もランクイン。以下、その格言を選んだ理由や、寄せられたエピソードを紹介しよう。

●「人生を成功する秘訣は、自分が好む仕事をすることではなく、自分のやっている仕事を好きになることである」(ゲーテ)
⇒「今の仕事に就く前はデスクワークで、(今の仕事に就いてからは)肉体労働が苦痛で仕方なかったが、できるようになってくると面白く感じたから」(29歳)
⇒「やっているうちに好きになる」(36歳)

●「自分の仕事を愛し、それを大切に思うこと。これ以上に楽しいことがあるかしら」(キャサリン・グラハム)
⇒「悩みを聞いてくれた上司が発言してくれたから」(31歳)
⇒「自分の労働観を変えたいから」(27歳)

●「労働なくしては、人生はことごとく腐ってしまう。だが、魂なき労働は、人生を窒息死させてしまう」(カミュ)
⇒「自分や周りを見ているとその通りだと思えるから」(38歳)

●「一見たいしたことのない仕事でも、思い切って全力を注ぐことだ。仕事を一つ征服するごとに実力が増していく。小さい仕事を立派に果たせるようになれば、大きい仕事の方はひとりでにかたがつく」(デール・カーネギー)
⇒「仕事に無駄なことは無くて、小さな仕事から多くのことを学ぶことがあると共感できたから」(28歳)

●「すぐれた人間は、いざと言う時が来ないでも、いつも全力を出して仕事をしている」(武者小路実篤)
⇒「そのような人を見たことがあり共感できるから」(38歳)

●「褒められたい、認められたい。そう思い始めたら仕事がどこか嘘になります」(永 六輔)
⇒「東北の震災時、お客様やスタッフを店外に避難させ、一人で事務所に残った時(にそう感じた)」(35歳)

仕事の経験や、上司など周囲の人との出会いを通して、名言が「血肉となった」と感じる人のコメントが目立った。なかには「自分の労働観を変えたい」と、名言を通して現状を変えたいという声も。仕事で悩んでいる人は、これらの名言に触れて、変化のきっかけを探してみてもよいかもしれない。
(藤あまね)



(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/7(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。