ここから本文です

具志堅さんって本読むの? 白熱のインタビュー

オーヴォ 10/7(金) 11:13配信

 人選と、このコピーで十分だ。どーしても読みたくなってくる。トレンドニュース×KADOKAWAの読書に関する新企画「ドクショノミライ アサヤケナノカ ユウヤケナノカ」がスタート、第1回ゲストに、元ボクシング世界チャンピオン、具志堅用高さんが登場。具志堅さんから、予想を超えた必殺パンチが飛び出しているらしい。

 電子書籍の、新しい読者を獲得するための新企画。著名人に読書について、自分について、未来についてを語ってもらい、一般読者に電子書籍をもっと知ってもらおうと立案した。「ベテランライターN氏が、絶妙な間合いを取りながらも具志堅さんの懐深くに飛び込み、いきなりの強烈なストレートパンチを浴びせ」たのだそうだ。そのパンチが、この問い。「具志堅さんって本読むんですか?」

 その攻撃に対して、比類なき元世界チャンピオン・具志堅用高から発せられたのは、スタッフの想像を遥かに超えた破壊力を持つ必殺パンチ「黄金の左」だったらしい。続きは、白熱のインタビューの模様を掲載する、「ドクショノミライ」のページへ。

最終更新:10/7(金) 11:41

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。