ここから本文です

“吸血鬼”岡田准一とのツーショット撮影が楽しめる フラッシュ撮影で浮かび上がる世界初の屋外広告登場

エンタメOVO 10/7(金) 18:25配信

 サッポロビールのコク系新ジャンル「麦とホップ」ブランドによるハロウィーン仕様屋外広告「麦とホップ The HALLOWEEN-FLASH GHOST-」が、10日から16日の期間限定で東京メトロ丸ノ内線新宿駅メトロプロムナードに登場する。

 「MISSION どこまで、楽しめるか。」をテーマに掲げたプロモーションの一環として実施する本企画は、「リフレクト印刷S」という印刷技術を活用した世界初の屋外広告で、肉眼では見ることができないゾンビやゴーストたちがスマートフォンなどでフラッシュ撮影することによって写真に映り込むというもの。

 ブランドのイメージキャラクターを務める浅野忠信が“狼男”、岡田准一が“吸血鬼”、メロディー洋子が“小悪魔”に扮(ふん)してそれぞれシークレットゴーストとして広告内のどこかに忍び込んでいる。とくに吸血鬼に仮装した岡田は、一緒に撮影するとちょうどツーショットになる高さに隠れているという。

 なお、写真撮影は「麦とホップ」を楽しめる20歳以上に限定されている。

最終更新:10/7(金) 18:25

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。