ここから本文です

あの小林市で「生駒高原コスモスまつり」 ライトアップやキャンドルで幻想的なナイトイベントも

オーヴォ 10/7(金) 13:18配信

 「遠えも遠え フランスから 来っしもた おいにゃあ 小林ちゅうとこは じょじょなとこじゃっち おや思たっどん」まるでフランス語のように聞こえる西諸弁で移住促進PRムービー「ンダモシタン小林」を制作し話題になった宮崎県小林市。

 その小林市の南西部、霧島連山の麓に広がる生駒高原で「コスモスまつり」が10月23日まで開催されている。色鮮やかな約100万本のコスモスと霧島連山の絶景が楽しめるという。

 さらに、ナイトイベントも企画されており、ライトアップとキャンドル、灯籠による幻想的な空間が出現する。日替わりのライブステージや花火、レーザーショーも用意されているので、ぜひチェックして出かけたい。ナイトイベント「ナイトコスモス」は10月8日から10日の3日間。「akali to 音Fes(あかりとおとフェス)」は10月15日と16日に開催される。

「花の駅 生駒高原」
住所:宮崎県小林市南西方8565
入場料:高校生以上520円、中学生300円、小学生以下無料

最終更新:10/7(金) 13:18

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。