ここから本文です

熱戦を繰り広げたイラク代表監督「日本はW杯出場に値するチーム」

東京ウォーカー 2016/10/7(金) 4:47配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第3戦が、10月6日(木)に行われた。

【写真を見る】サッカー日本代表、世界への道!劇的勝利を手繰り寄せた山口蛍の一撃

6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、埼玉スタジアム2002でイラク代表と対戦。原口元気選手と山口蛍選手のゴールで2-1と競り勝った。

試合後、敗れたイラク代表のラディ・スワディ監督が記者会見に出席。試合を振り返り、「日本はとても強いチームで、W杯常連国。我々もいい試合をしたが、今後はチームの戦術などを見直していきたい」と語った。

試合終了直前まで1-1の展開だったこともあり、「日本とのアウェー戦で引き分けることができればよかったが、最後の失点で敗れてしまった」と悔やむ。しかし、続けて「それは我々の問題ではなく、ジャッジのせいではないかと思っている」と、審判への不満を口にした。

「我々の選手に負傷者がいたのに、レフェリーは我々のアピールを無視して交代を聞き入れてくれなかった。最後の失点も、ジャッジミスのせいであると強調したい」

「(審判が)日本をサポートしているのではないかと思った」と不満を隠さない指揮官。「アディショナルタイムの6分は非常に長かったと思う」と恨み節は続いた。

一方で、日本代表については「選手の個性があるユニークなチーム。アジアでもトップレベルで、バランスよくリズムのある選手たちだと思った」と評価する。

「今日の日本代表は、いつものリズムが発揮できなかったと思う。いつものレベルが見られなかった。イラクが非常に強いプレーをしたということだが、私自身もそう思っている」と自チームを誇りつつ、「ただし、(勝てなかったことは)それもサッカー。日本は今後も試合が続くが、次も勝てるように願っている。日本はW杯出場に値するチームだと思うから」と、エールをおくった。

最終予選は来年9月まで実施。日本代表の入るグループBには、イラク代表の他、オーストラリア代表、UAE代表、タイ代表、サウジアラビア代表が同居。グループ上位2カ国に本大会への出場権が与えられる。

世界の舞台をかけて、アジアの強国がしのぎを削る戦いに注目しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:2016/10/7(金) 12:51

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

トキメキの、いちご。
いちご狩り&いちごスイーツ
2017東京ショコラ最前線
東北応援みちのくWalker

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。