ここから本文です

82才・ノッポさんと84才・市田ひろみさんが現代を嘆く

NEWS ポストセブン 10/7(金) 7:00配信

 大正12(1923)年生まれ、現在92才の作家・佐藤愛子さんのエッセイ集『九十歳。何がめでたい』が15万部を超えるベストセラーになっている。人の子育てに対するネット上の批判を《いちいちうるせえ》と一刀両断し、そんな社会の風潮を《イチャモンつけの元祖である私でさえただ呆気にとられるばかり》とピシャリ。甘ったれた悩み相談には《私にいわせれば「怠け者」だ》《ふりかかった不幸災難は、自分の力でふり払うのが人生修行というものだ》と喝破する。鋭く的を射た“怒りの金言”が受けているのだ。

 そんな佐藤さんは、スマホについても一刀両断だ。メールの送受信からネットストアでの商品の注文などもでき、私たちの生活には今や欠くことのできないスマホ。佐藤さんは著書の中で、そんなスマホの普及によって、《日本人総アホの時代がくる》と嘆いている。もはや誰も気にも留めない、スーパーマーケットのレジに「NO レジ袋」のカードが置かれ、レジ係も客も黙々と会計する姿には《なぜ、「レジ袋はいりません」と声に出してはいけないのだろう》と不気味さを感じている。

 女性セブンが取材したオーバー80の著名人からも、そうした今の時代への違和感が次々に聞かれた。服飾評論家でエッセイストの市田ひろみさん(84才)は、近頃の若者の気遣いのなさや言葉の乱れについて疑問を呈する。

「若い人はなかなか『ありがとう』とか『すみません』と言いませんね。ひと言言えば何でもないのに、それが足りません。かと思えば、テレビに顔を出して『元カレ』『元カノ』と言って、性のことまで含めた遍歴を平気で話す。あれ、どういう神経なんでしょう。昔だったら、個々の異性の遍歴を言わないのが当たり前でしたし、マナーとして過去の彼氏彼女のことを話すべきではないと思うんです。今の恋人に対しても失礼じゃないですか」

 俳優で作家のノッポさん(82才)は、“世の中の決まり事”を大人が守らなくなっていると指摘する。例えば信号。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。