ここから本文です

ベイビーレイズJAPAN主催69時間フェス、エモフェスがスタート!!

Smartザテレビジョン 10/7(金) 5:00配信

2年ぶりとなる2ndアルバム『ニッポンChu!Chu!Chu!』を先月リリースしたばかりのベイビーレイズJAPANが主催する69時間フェス「EMOTIONAL IDOROCK FES.」(以下、「エモフェス」)が6日新宿ReNYでスタートした。

【写真を見る】ベビレらしいフルスロットルのパフォーマンス!

初日は「御神輿ライブ」と題してベイビーレイズJAPANがトップバッターを務めた。「EMOTIONAL IDOROCK FES.開幕!!」と林真夏の掛け声でフェスがスタート!「夜明けBrand New Days」を熱唱し会場のボルテージは早くも最高潮に。「Ride On IDOROCK」、「シンデレラ」他合計5曲を歌い上げたベイビーレイズJAPANに続いて飯田里穂、9nine、Gacharic Spin、DJダイノジと豪華アーティスト陣が登場し大いに会場を盛り上げた。

本日から始まった「エモフェス」はこの後新宿ReNYでのライブは勿論の事、生ラジオ中継や様々なゲストとのバラエティ企画など盛りだくさんの内容で先日開局したばかりの生テレにて69時間配信される。

最終更新:10/7(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。