ここから本文です

麺屋武蔵から新ジャンルラーメン登場!スパイス17種使用の「ベジ白湯カレー麺」

東京ウォーカー 10/7(金) 6:45配信

人気ラーメン店・麺屋武蔵 新宿本店は、新メニューとして「ベジ白湯(パイタン)カレー麺」を10月31日(月)までの期間限定で販売している。

【写真を見る】個性的なメニューを打ち出す麺屋武蔵の総本店。今回、動物性の材料を一切使用しない“ビーガンメニュー”を限定販売

「ベジ白湯カレー麺」は、動物性原料不使用のビーガンメニューだ。野菜と豆乳のうま味がたっぷり詰まったスープ「ベジ白湯」に、食欲を刺激する17種類のスパイスをブレンド。さらに、ナスやパプリカなどの香ばしいグリル野菜をトッピングした。「ベジ白湯」がスパイスの香りを引き立て、ヘルシーなビーガンメニューでありながら、しっかりとしたコクとうま味を感じられる満足度の高い一杯に仕上がっている。

■ 新ジャンル「ベジ白湯ラーメン」とは?

今回発売される「ベジ白湯ラーメン」は新ジャンルのラーメン。数年前にブームとなった「鶏白湯ラーメン」の野菜版で、野菜と豆乳から作ったスープ「ベジ白湯」がベースとなる。野菜と豆乳のうま味が凝縮されているスープベースは、うま味とコクが詰まった濃厚な味わいでありながらさっぱりとした後口で、素材そのものの美味しさをしっかり引き出す特徴がある。今後、男女問わずファンが増えるであろう「ベジ白湯ラーメン」に注目だ!【ウォーカープラス編集部】

最終更新:10/7(金) 6:45

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016