ここから本文です

松本人志、永野芽郁の恋心をアシスト!

Smartザテレビジョン 10/7(金) 19:55配信

株式会社リクルートジョブズでは、松本人志が登場する「タウンワーク」のCMシリーズ12作目「告白」編を、10月10日(月)からオンエアする。

【写真を見る】バスケットボールに恋の願掛けする永野

今回、松本は若手俳優の永野芽郁、志尊淳と共演。体育館を舞台に、志尊への思いをバスケットボールに思いを込め、シュートを放つ永野をアシストする。

永野がシュートを放ち、惜しくもゴールの枠を外れてしまったかと思われたボールは、2階にいた松本の手に。あぜんとする永野を見詰める松本は、「バイトするなら、タウンワーク!」と叫びながらゴールネットへ勢いよくシュートを決める。

このフリースローに願掛けしていた永野は、意外な展開に「これってどっち?」と困惑の表情。松本は照れながらも「それは~知らんわ…」と首をかしげるというほほ笑ましい内容だ。

フリースローのシーンの撮影では、松本は冒頭から全力で「バイトするなら、タウンワーク」を連発。

松本の決めぜりふと熱い視線に、永野はカットが掛かるたびに噴き出してしまっていた。また、松本がボールを落とすシーンでは、熱が入り過ぎたあまり、ボールを投げ忘れるというハプニングもあった。

撮影終了後、前の週に誕生日を迎えていた松本へ、スタッフから花束とぬいぐるみがプレゼントされた。受け取った松本は「ありがとうございます。大事にします」と照れ笑いを浮かべていた。

撮影後、永野はインタビューで、松本との共演について「ごあいさつさせていただいたときに、『永野さんね』って言ってくれて、それがすごくうれしくて、優しい方なんだと思いました。本当に先生にあいさつに行くみたいな感じでドキドキしました」と振り返った。

最終更新:10/7(金) 19:55

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。