ここから本文です

近藤千尋が伝授! 正しい“ダックリップ”のやり方とは?

Smartザテレビジョン 10/7(金) 20:30配信

成型ポテトチップス「プリングルズ」が、9月6日より秋冬限定の新フレーバーとしてプリングルズ「クアトロチーズ」を発売中。

【写真を見る】正しい“ダックリップ”を披露する近藤千尋

同商品の販売に合わせてオープンしたスペシャルサイト、プリングルズ「ダックリップでハイ、チーズ!」では、ダックリップ(チップスを2枚くわえてアヒル口のまねをする)の写真を投稿するコンテストを開催中。このキャンペーンでは、参加者の中から抽選で5人にセルカレンズやステッカーなどプリングルズのオリジナル商品が当たる。

今回、スペシャルサイトでアンバサダーを務め、ダックリップでのセルフィー撮影の方法やクール顔、変顔、プリングルズの缶を使った自撮りのポイントなどを紹介しているモデルの近藤千尋にインタビューを行い、スペシャルサイトの撮影裏話や自撮りのこだわりについて語ってもらった。

――アンバサダー就任が決まった時の感想は?

小さい頃からずっと食べていたお菓子のアンバサダーに選ばれて、すごくうれしかったです! 「えっ!? あのプリングルズ!?」って思わず(スタッフに)聞いちゃいました。

――スペシャルサイトでは、同じくアンバサダーを務めるJOYさんとの動画もアップされていますが?

すっごく楽しい撮影でした! プリングルズもたくさん食べることができて幸せでした(笑)。撮影では、JOYくんの顔がすごく(笑いの)ツボに入っちゃって、途中で笑い過ぎて撮れなくなっちゃったんですよ。笑わせにきてる顔してるんですもん~!

――プリングルズで一番好きな味は? また、どんな時に食べますか?

サワークリーム&オニオンですね! あぁ、でも味わいコンソメも捨てがたい…(悩)。旦那さんと洋画のDVDを見ながらよく食べてます。

――食べる時は、やはりダックリップしながら?

そうですね! ダックリップしながら食べると楽しいですし、3回に1回のペースでやっています(笑)。実は、ダックリップのやり方を間違えている人が多いんですよ。私もその一人で子供の頃からずっと間違えていたのですが、今回アンバサダーを務めさせていただくに当たって正式なやり方を教えてもらいました。皆さんもスペシャルサイトを見ていただいて、正式なやり方で楽しんでいただきたいです。

――正しいダックリップのコツは?

反っている側を合わせるのではなく、貝のように膨らんでいる側を合わせるんです。そして、適度の強さでくわえる感じですね。唇が湿り過ぎていると割れやすくなってしまうので注意です!(笑)

――モデルという職業柄、食べ過ぎないように気を付けたりしていますか?

あんまり気にしないですね(笑)。モデルの現場には必ずチップス系のお菓子が置いてあって、みんなけっこう気にせず食べています。

――体形維持のために日々行っていることなどはありますか?

特にこれをやるということはなくて、毎朝体重計に乗ってちょっとでも増えていると、炭水化物を抜いたり“爆食い”しないように気を付けるくらいですね。あとは、むくみ防止のためにお風呂で5分くらいの簡単なマッサージをしています。毎日チェックすることで、無理することなく維持できるように心掛けています。私、運動が苦手なので…(苦笑)。

――ダックリップ写真のコンテストが開催中ですが、ご自身が自撮りする時に気を付けていることやこだわりなどがあれば教えてください!

いつも同じ感じにならないように表情を変えたり、その日のメークや髪形が映えるようにシンプルな背景のところで撮るようにしています。あと、旦那さんと撮る時は、旦那さんにスマホを持ってもらって自分の顔が小さく見えるようにしてます(笑)

――最後にメッセージをお願いします!

プリングルズはいろんな味があって、どんな気分の時でも食べたくなるものだと思います。一人でDVDを見ながら食べるも良し、みんなで集まってシェアしながらいろんな味を楽しむも良し! その時は、ぜひダックリップしながら楽しんで食べてください!!

最終更新:10/7(金) 20:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。