ここから本文です

4冠達成! でもここから独立リーグの本当の夢が始まる お笑い芸人・杉浦双亮の挑戦記〈28〉

BEST TIMES 10/7(金) 13:36配信

■球団創設以来初の4冠! 

 先週、9月21日に僕たち愛媛マンダリンパイレーツのチャンピオンシップ勝ちぬけが決まり、年間総合優勝を果たした。

 これで前期日程、後期日程の優勝に加え、ソフトバンク杯(※NPB所属の福岡ソフトバンクホークスの3軍と四国アイランドリーグ加盟4球団がそれぞれ前期4試合、後期4試合をホーム&アウエーで合計8試合の定期交流戦を行ない、四国アイランドリーグ4球団の間で、通年勝率を争う)、このチャンピオンシップも優勝し、四国アイランドリーグのシーズンを4冠で終えることになった。

 球団創設史上初のことのようで、チームとしての戦いは、もうひとつの独立リーグBCリーグの覇者・群馬ダイヤモンドペガサスとのグランドチャンピオンシップ(10月1日~)を残すのみとなった。

 昨シーズンは、後期日程に優勝しチャンピオンシップに出場、そこで優勝を果たしてグランドチャンピオンシップで新潟アルビレックスBCと対戦し、2連敗のあと3連勝で優勝を果たしている。連覇に向けて、シーズン同様チーム一丸となった戦いを見せたいと思う。

 とはいえ、四国アイランドリーグということに限っては、シーズンが終了したことになる。愛媛マンダリンパイレーツ以外の3チームは、NPBのチームとも対戦するフェニックスリーグに向けて調整を始めている。

 現在、独立リーグはNPBの登竜門のひとつに位置づけられているから、NPBが参加するこのリーグで結果を出したいと考える選手も多い。僕自身も、(もちろんチームメイトもそうだけど)対戦してきた選手がひとりでも多く、プロへの夢を叶えてくれればいいな、と思っている。

■「夢」だけでは語られない独立リーグの厳しい現実 

 トライアウトを受けてから11ヶ月近く。

 夢を抱いたたくさんの若者たちと接することができた。そこで感じたことは本当にたくさんあって、思い出せと言われると、それぞれ語りつくせないほどのシーンがどんどん浮かんでくる。

 僕自身と同じように、夢を抱くことで前へ進むモチベーションにする選手がたくさんいたわけだけど、一方、独立リーグで夢を追うことがいかに大変かを知った日々でもあった。

 例えば、先のチャンピオンシップもそうだ。

 チャンピオンシップは、四国アイランドリーグの前期日程優勝チームと後期日程優勝チームが争い、そのシーズンの四国ナンバーワンチームを決めるもの。ただ、今シーズンは愛媛マンダリンパイレーツが前後期優勝ということで、地元開催と1勝のアドバンテージを得て、年間勝率2位の徳島インディゴソックスと対戦した。

 そのチャンピオンシップ、本来であれば9月18、19日の連休で行なわれるはずだったが、2試合とも台風の影響による雨天のため流れてしまい、20、21日の平日に開催されることになった。大変だったのは、対戦相手の徳島インディゴソックスだ。僕らは(アドバンテージがあるから)愛媛で試合ができるので大きな支障はない。けれど、徳島の選手は毎朝、バスでやってくる。それも片道3時間。中止になれば、また同じ時間をかけて帰らなければいけない。それが2日続いた。

 それだけではなく、試合が行なわれた20日も愛媛は台風が通り過ぎていたものの、徳島方面はまだ雨が続いており、道路の冠水などからバスの出発が大幅に遅れたらしい。高速道路は通行止めで、一般道で愛媛まで。結局、着いたのが16時半あたり。試合開始は18時だから、ほとんど練習をすることもできず一戦目を迎えることとなってしまった。

 NPBでは前乗りをして宿泊するなどして対応できるだろうから、こんなことにはならないだろう。独立リーグの厳しさを象徴する数日だった。

 そんな逆境のなかでも勝利を目指しプレーする徳島インディゴソックスのメンバーにも感謝をしたいと思う。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 13:36

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。