ここから本文です

ポジション争いのライバルは、最大のお手本 那須大亮さんが見せる姿勢――遠藤航「世界への大航海」

BEST TIMES 10/7(金) 19:00配信

■いつもと違った1勝

 10月1日のガンバ大阪戦。ファーストステージで0対1の敗北を喫した相手に4対0と勝つことができました。僕が浦和に来る前から因縁の対決だったこともあり、チームやサポーターにとって「いつもの1勝」とは違った意味を持った試合だったように思います。

  そしてこの試合は、僕にとっても「いつもの1勝」ではありませんでした。というのも、僕にとって一番自信のある「3バックの真ん中」のポジションで手にした、実に2ヵ月半ぶりの勝利だったからです。

 オリンピックのため、レッズを離れたのが7月19日。その直前の試合、大宮アルディージャとの「さいたまダービー」は2対2の引き分けでした。ここから僕はオリンピック代表の「ボランチ」として出場し続けることになります。
 ブラジルから帰国後、すぐに行なわれたリーグ戦2試合は途中出場、先発出場をしましたが、いずれも「スリーバックの右」での出場で、しかも敗戦を喫していました。
 そしてここから僕は、ポジション云々をいう前に、出場すらできない日々が続くことになります。

 8月末と9月の頭にあったルヴァンカップは、日本代表に選出されていたため不出場。代表でも試合に出られませんでした。代表から戻ると、2試合連続でベンチから試合を眺めました。

 前回も書いたとおり、リオデジャネイロ・オリンピックは僕に現実の壁を突きつけ、焦りの気持ちをかき立てていました。それを払拭するために、少しでもプレーをして、自信を取り戻したい、そう思っていたところに、試合にすら出られない日々がやってきたわけです。自分のサッカー人生を振り返ってみても、「出られない経験」はありませんでした。

■那須大亮さんの調子が良い理由

「踏ん張りどきだな」――自分にそう言い聞かせながら、練習に取り組んでいました。
 そんななかで刺激を受けたのが那須大亮さんの存在でした。

 僕が試合に出ていない間、「3バックの真ん中」を務めていたのが那須さんだったわけですが、それは僕からすればポジションを争うライバルであることを意味します。僕がこういうことを書くのはおかしいかもしれませんが、実際、那須さんはとてもコンディションがよく、チームが勝利を目指すなかで那須さんを起用するのは妥当な判断だと思っていました。そして、僕は那須さんがなぜコンディションがいいか、その理由が分かっていました。

 ファーストステージではなかなか出場機会がなかった那須さんはいつも黙々と練習に打ち込んでいたのです。

 紅白戦。同じ「センターバックの真ん中」として対峙する那須さんは、いつもいやらしい存在でした。セットプレーからフィジカルを生かし、得点を貪欲に狙う姿勢にはいつも苦しめられました。

 練習後に個別トレーニングに取り組むとき。隣りにはいつも那須さんがいました。シーズン中に強い負荷をかけて筋力トレーニングをすることはあまりないのですが、那須さんは違いました。気になって、「ふだんからそんなに重いのを使うんですか?」と聞くと、「試合に出ているときはコンディション重視でやるけど、出てないときは強い負荷でちゃんとやりたいんだ」と教えてくれました。

 百戦錬磨のベテランでありながら、そういう高い意識を持ち続けている。那須さんのコンディションがいいのは当然だったわけです。

 なにより那須さんの姿は、僕がこの試合に出られない「踏ん張り時」にどう振舞うべきか、ということの指針にもなりました。試合に出られない間も、腐らず日々の練習を大事にする姿勢。この姿勢こそが、那須さんが試合に出て結果を出せる理由だ、と感じたのです。

 だからこそ、僕も練習で自身のレベルアップを目指し、チームのために尽くすことで、いつか試合に出られるチャンスが来たときに結果が残せるはずだ。チームの勝利に貢献できるはずだ、そう思えた。

 ガンバ大阪戦で久しぶりに「スリーバックの真ん中」でスタメン出場の機会を得て、勝利できたことは、その証明にもなっていたと思います。

 那須さんの存在は僕にとってそれくらい大きいものでした。

 シーズンも残りわずか。まずはセカンドステージ制覇を目指して、まい進して行きたいと思います。

写真:AFLO

最終更新:10/7(金) 19:36

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。