ここから本文です

お金持ちは金銭的な余裕があるのに、なぜレストランで「一番安いコース」を頼むのか

週刊女性PRIME 10/7(金) 18:00配信

 敏腕社長でありながら「理学博士(Ph.D.)」「MBA」「行政書士」「宅地建物取扱士」「栄養士」などと多くの資格を取得し、その波乱万丈の経営経験から、多くのビジネス書が著作にある臼井由妃さん。そんな彼女の著書『お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか?  金運を鍛える「節約」生活のルール』(朝日新聞出版)が9月下旬に発売された。同書では、夫が残した3億円の借金返済を可能にした節約術やノウハウが解説されている。そんな臼井さんがお金の持ちの”考え方”を教えてくれた。 突然ですが、初めて入ったレストランで、3つのコースが用意されていたとします。

 Aはプレミアムコースで、メイン料理は数量限定の「大田原牛の極上ステーキ」で、18000円。Bはスーペリアコースで、メイン料理は「松坂牛のステーキ」で10000円。Cはスペシャルコースで、「地産地消」をコンセプトにメイン料理は「地元牛のステーキ」で、5000円です。

 あなたなら、どのコースを選びますか? お金持ちならば、どのコースを選ぶでしょうか? 

 私が知る限り、お金持ちはCの「スペシャルコース」を選びます。

「えっ? お金持ちなのになぜ、一番安いコースを選ぶの?」

 と疑問を感じた方も、多いでしょう。

 お金の心配をする必要がない彼らだったら、一番高い「プレミアムコース」を選びそうなものですが、真のお金持ちは「値段が高いから美味しい」とか、「高いから価値がある」とは考えないのです。

 高額なコースには最上級の食材を使っているという事実は、あります。希少性があり珍しい食材も、登場することでしょう。

 そうでなければ強気の価格設定はできないことも、お金持ちは知っています。それでも、「一番安いコース」を選ぶには、理由があるのです。

なぜ、お金持ちは「一番安いコース」を選ぶのか

 「一番安いコース」には、お店の良心が現われます。

 高級食材は手間ヒマかけずとも、美味しい料理に仕上げるのは容易です。

 よく言いますでしょう。「素材本来の旨みが引き出されている」「素材が生きている」と。

 もちろん値段に見合う料理に仕上げるシェフの腕は必要ですが、人には「高いものはいい」「高いものを食べられる自分はすごい人」という意識が働きます。

 そうした優越感や征服欲が、「味覚」を鈍くさせることがあるのです。

「高級食材」を使い、「高級食器」で「こちらはお客様のような一流の方にピッタリのコースでございます」というように、うやうやしく供されたら、まずいわけがありません。

 一方、「一番安いコース」では食材のレベルが落ちる分、知恵を使い、美味しくする工夫を凝らす必要があります。シェフの腕が試されるのです。

 また、「来店客を増やしたいという思いから、一番安いコースには採算を度外視した食材を使う店が多い」と、ある一流レストランのオーナーシェフが教えてくださいました。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 18:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)