ここから本文です

高齢者と若者のホームシェア 東京・本郷で広がる

オルタナ 10/7(金) 16:16配信

東京・文京区で、高齢者と若者が一つ屋根の下で暮らす「異世代ホームシェア」が広がっている。一人暮らしをしている高齢者宅の空き部屋を片付け、そこに近隣学生を住まわせる。高齢者は孤立感の解消につながり、学生は知識を学び、格安で住むことができると評判だ。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

この取り組みを仕掛けているのは、街の活性化を行うNPO法人街ing(マッチング)本郷(東京・文京)。プロジェクトの名称は、「ひとつ屋根の下プロジェクト」。文京区に住む大学生・大学院生が、一人暮らしをしている高齢者宅の空き部屋を借りて、ともに生活をする。

学生と高齢者は、週に何度か一緒に夕食をとるなど団らんの機会を持つ。異世代が共に暮らすことで、見守りや、生きがいを生み出し、新しい共助の関係を築いている。

高齢者側のメリットとしては、孤立感の解消や生きがいづくり、夜間の不安の解消、健康寿命の増進などが挙げられる。学生側のメリットとしては、高齢者からの知恵や経験を学べ、大学の近くで格安で住めることなどがある。

街ing本郷を立ち上げたのは、本郷を拠点とする商売人たち。全員、50年以上本郷に暮らし、この街を愛している理事たちだ。代表理事は、鮮魚店「魚よし」三代目の長谷川大さん、副代表理事は、和菓子店「喜久月」店主の栗田洋さんと薬局「芙蓉堂」を経営する川又靖則さん。

高齢化が進むなか、若者と高齢者の共生を目指す取り組みに企業も応援する。その一つが、トランクルームを運営するキュラーズ(東京・品川)。ひとつ屋根の下プロジェクトで片づけたモノを、同社が提供する「想い出BOX」に梱包し、対象店舗に持参すれば、無料で保管するサービスを開始した。

キュラーズのマーケティング部広報池田大和氏は、「保管スペース問題はトランクルーム事業を展開しているキュラーズだからこそ支援できると感じ、この連携の働きかけを決めた」と話す。

最終更新:10/7(金) 16:16

オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「持続不可能」な漁業との決別
なぜ待てない? 資源の回復に必要な「我慢」
違法漁業や人権侵害、高まる企業リスク
ビジネスで追及する「真の美しさ」とは

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。