ここから本文です

女子バスケWリーグ開幕!「世界レベル」の競技力を見てもらうために

webスポルティーバ 10/7(金) 7:10配信

 華々しく開幕した男子のプロバスケ『Bリーグ』に続き、10月7日には女子の『Wリーグ』が開幕を迎える。今年の夏、リオ五輪で20年ぶりに決勝トーナメント進出を果たし、見る者の心を惹きつけた女子の戦いにも、ぜひ注目してほしい。

【写真】日本代表でもキャプテンとしてチームを牽引した吉田亜沙美

 日本が国際大会でベラルーシ、ブラジル、フランスといったFIBA(国際バスケットボール連盟)ランキングで10位以内の国々を相手に(日本は14位)、予選ラウンドで3勝を挙げたことは過去になかった。準々決勝では五輪5連覇を達成したアメリカの前に屈したものの、リオ五輪は今まで以上に運動量と速さを誇るトランジション(攻防の切り替えしが速い)ゲームで相手を根負けさせ、正確な速攻とスリーポイントの威力を発揮したことで、日本の戦い方が確立できた大会だった。

 だが、リオではベスト8の壁を一気に越えて、その先を狙うチャンスがあったことも事実。だからこそ余計に、世界上位国との差も明確に見えた。日本は司令塔の吉田亜沙美とエースの渡嘉敷来夢(ともにJX-ENEOS)を軸に戦ったが、金星をつかみそこねたオーストラリア戦がまさにそうだったように、ベンチメンバーが限られていたことで終盤にはスタミナ面で息切れしてしまったのだ。さらなる壁を乗り越えるためにも、これから始まるWリーグで選手層の底上げを図ることが最重要課題となる。

 リーグの展望に目を移せば、吉田、渡嘉敷、間宮佑圭(ゆか)という日本代表の主力を擁し、9連覇を目指すJX-ENEOSの一強時代が続いている。この絶対的女王に対抗するチームが出ないことには、課題である選手層の底上げは難しい。JX-ENEOSにしても、インサイドにボールを集めるスタイルが主体では、世界に出れば通用せず、新たな戦い方の構築と若い人材を育てることも必要だ。この状況に対してJX-ENEOSの新ヘッドコーチ(HC)であり、日本代表でもコーチとしてオフェンス強化に努めたトム・ホーバスはこのように抱負を語る。

「私たちのチームはWリーグではサイズがあるチームですが、サイズがないチームは速さでいろいろなことを仕掛けてきます。私は昨シーズンまでJX-ENEOSのコーチとして分析を担当していて、私たちがやられて嫌だったことを、高さのある世界のチームに対して行ないました。Wリーグではその逆で、日本がやったことを他のチームはどんどん私たちに仕掛けてくるでしょう。そして、私たちのチームはWNBA選手がいるのだから優勝を目指すのは当たり前で、ファンダメンタル(基本)を徹底して、中と外が連携するバスケットを作り上げていきたい。お互いにやり合えば、日本のレベルはもっと上がるのではないでしょうか」

 また一強にはさせまいと、今季にとくに意欲を見せているのが、HC就任2年目のチーム作りを迎えたシャンソン化粧品とトヨタ自動車だ。

1/3ページ

最終更新:10/7(金) 7:10

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー