ここから本文です

「男と二人で向かい合って食事をするなんてセックスと同じ」モラハラ夫に束縛されたカリスマ主婦は……

Book Bang 10/7(金) 7:00配信

 10月2日NHKラジオ第1「マイあさラジオ」のコーナー「著者に聞きたい本のツボ」に小説家の村山由佳さん(52)が出演した。村山さんが7月に上梓した小説『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』(集英社)について高市佳明アナウンサー(44)が迫った。

■黒でも白でもない自然な村山由佳

『La Vie en Rose ラヴィアンローズ』は夫にモラルハラスメントを受けているカリスマ主婦と、年下の男性との恋の行方を描いた恋愛小説。それまでの青春恋愛小説から一転、2009年に『ダブル・ファンタジー』(文藝春秋)で官能的な性を描き文壇に衝撃を与えた村山さん。

 当時は“黒村山”“白村山”と自分の中で分けていたが番組でこの作品は黒村山かと問われると「このごろ書くことがうんと楽になってきた。黒とか白とか分けずに書けるようになってきた。ほんとうの人間は黒いところも白いところも、純粋なところもどろどろしたところも併せ持ってるのが普通。それをありのままのかたちで書けるようになってきた。黒でも白でもない両方でもあるような一番自然体のわたしだという感じがします。今の私をみてくださいという感じです」と心境の変化を明かした。

■モラハラ夫の束縛も「幸せなんだ…」

 物語の主人公はフラワーアレンジメント教室を開き、マスコミにもとりあげられるいわゆる“カリスマ主婦”。一見なんの不満もない生活にみえるが、実はその陰で夫からモラルハラスメントを受け続けている。全ての行動が夫の監視の下、規定され支配されているが、その生活が「祝福され何一つ間違っていない」と思っている主人公。

 村山さんはモラハラや幼児虐待を受ける側に共通する感情として、やさしい夫や親を怒らせる「自分がいけないんだ」と思ってしまう部分があると解説。傍から見たら逃げればいいと思うような環境でも、正常な判断が利かなくなってしまう。夫に「仕事の打ち合わせだったとしても、男と二人で向かい合って食事をするなんてセックスと同じなんだ」と決めつけられ、門限は9時、予定は3日以上前に時間と場所を報告しなければならないと制約を受ける。そのような環境でも自分は幸せなんだと思いこもうとしている、と主人公の境遇を解説した。

1/2ページ

最終更新:10/7(金) 7:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。