ここから本文です

アウディ A3 セダンに、飛びきり速い「RS」モデルが登場!

GQ JAPAN 10/7(金) 21:11配信

アウディ今年の注目モデルは新型SUV、Q5だけではない。新たに立ち上がったサブブランド「アウディ スポーツ」について、パリモータショー2016(パリ・サロン)の会場から、大谷達也が解説する。

【アウディ新型RS3 セダンの動画とフォトギャラリーはこちら】

本来はアウェイであるはずのフランス・パリでも、アウディは実に生き生きとプレゼンテーションを行った。

最初にベールを脱いだのはA5ならびにS5のスポーツバック。どちらもクーペ版はすでに発表済みだが、例によってスポーツバックはスポーティで流れるようなフォルムと優れたスペースユーティリティを両立しているのが特徴。とりわけ荷室容量は480リットルと、A4 アバントの505リットルに迫るスペースを誇る。エンジンはガソリンターボやディーゼルターボのほか、アウディe-gas(再生可能エネルギーで生み出したメタンガス)を燃料とするg-tronもラインナップ。

なお、トップモデルのS5 スポーツバックは最高出力354psのV6 3.0リッター ガソリンターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は250km/hでリミッターが作動するという。ドライバーズアシスタンスやコネクティビティがアウディの最新スペックとなることも特徴のひとつだ。

2番目に登場したのはミッドクラスSUVのQ5。実はQ5、モデル末期となってもアメリカを中心にセールスは好調だったことで知られ、累計生産台数は160万台を突破。アウディが「プレミアムSUVのチャンピオン」と称するように、Q5はこのクラス最大のヒット作だったのである。

新型は、先ごろ発売されたQ7をそのまま縮小コピーにかけたかのようなスタイリングに見えるが、ボディサイドのキャラクターラインは先にデビューした新型A5のようにフェンダー部分でゆるやかな曲線を描くほか、テールゲートは前傾がより強い角度に設定されているように見える。パワーユニットは2.0リッター ガソリンターボのほか、2.0リッターと3.0リッターのターボディーゼルも用意。こちらも最新のドライバーズアシスタンスやコネクティビティを満載するようだ。

最後に登場したのは最高出力400psの直5 2.5リッター ガソリンターボ エンジンを積むRS3 セダン。すでにRS3 スポーツバックが日本でも紹介されているので決して目新しさはないが、注目されるのは、このモデルを紹介するために、元ランボルギーニのCEOで、今年に入ってアウディ R8やRSモデルの企画・開発を担当するクワトロGmbHのCEOに就任したステファン・ヴィンケルマンが登場したことにある。

しかも彼は、クワトロGmbHが先ごろアウディ スポーツと社名変更を行ったことを発表。モータースポーツ活動で得られたノウハウをアウディのスポーツモデルの開発に余すところなく活用するとともに、ブランドとしてのアウディ スポーツをさらに活性化させていくと語った。

ここのところメルセデスはAMGにV6モデルを追加ラインナップしたり、BMWはMの弟分というべきMパフォーマンスモデルを設定したりと、スポーツモデルを拡充する動きが顕著だが、アウディ スポーツの場合もそれらと同じ流れあると見て間違いないだろう。

文・大谷達也

最終更新:10/7(金) 21:11

GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月24日発売

600円(税込)

2016年の男達「MEN OF THE YEAR 2016」発表!/世界のリーダー総決算!今年のビジネスを読み解く、ランキング30/森星の1日、イットガールを追いかけて