ここから本文です

紀香批判は大間違い!?愛之助の現状から見えるアゲまん効果

女性自身 10/7(金) 6:00配信

「(プロポーズは)なかなか気の利いた言葉が浮かばなかったんですけど、ふと思い立って。23日の挙式で交換した指輪の中に刻みました。『吾が君を想う来世迄』です」

9月28日に東京・帝国ホテルで結婚披露宴を行った片岡愛之助(44)と藤原紀香(45)。 2人は9月23日にも京都・上賀茂神社で挙式していたが、そこで紀香と交換した結婚指輪にプロポーズの言葉を刻んだという。

そんな2人の披露宴について、一部では「控えめであるべき梨園の妻としてふさわしくない」、「紀香色が強くて目立ち過ぎ」など、“新妻の野心”が隠しきれていないとの批判があがっている。だが、招待客のひとりはこうした声に首を傾げる。

「紀香さんが目立ち過ぎというのは、むしろ逆。彼女は終始控えめで、出しゃばることなく新郎の愛之助さんを立てていました。唯一前に出たのも、新郎の挨拶のあとに徳光さんに促されて短く挨拶したとき。相当遠慮していて、“梨園の妻”になろうとしているんだなと感じました」

雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんも、こう異を唱える。

「ネットでも『二回目なのに白無垢や振袖は場違い』とか『プロポーズの言葉が年齢の割に浮かれている』など揚げ足取りが多いです。でも晩婚や再婚が増えつつある時代にそんな古臭い批判をするほうが間違っていると思います」

それどころか、結婚後の愛之助さんは上り調子だという。

「大河ドラマ『真田丸』も大好評ですし、ブログも以前より弾けた笑顔が見られるように。掲載写真の画質もアップし、しっかり加工もするようになりました。体型も熊切あさ美さん(36)と交際していたときよりスリムになっていますが、これも“紀香レシピ”の効果ではないでしょうか。バッシングされていても愛之助さんは幸せそうだし、いい感じの“進化”もしているわけです。ズバリ、紀香さんは“アゲまん”だと思います」

最終更新:10/7(金) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。