ここから本文です

ケイト・モス、自身のタレント事務所に初のモデル契約。

VOGUE JAPAN 10/7(金) 22:30配信

ケイト・モス(42)が自身の設立したタレント事務所で初めてのモデル契約を交わしたようだ。14歳から27年間所属した事務所ストーム・モデルズを今年卒業したケイトは自身のタレント事務所ケイト・モス・エージェンシーを立ち上げており、エルフィー・リーゲイト(16)を初の所属女性モデルとして発表した。

ケイト・モスの関連フォトギャラリー。

ケイト・モス・エージェンシーは公式インスタグラムに嬉しそうなエルフィーの写真を投稿し「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)の初めてのショー出演、おめでとうエルフィー」とキャプションを添え、エルフィーが同事務所と契約を行ったニュースを伝えている。

今年のパリ・コレクションでアレキサンダー・マックイーンのランウェイに登場したエルフィーだが、実は2011年に行われたケイトの結婚式でケイトのブライズメイドを務めており、すでに公の場に登場したことがある。

エルフィーは同英国ブランドの広告塔としても近い将来登場するという。

ケイトは先日、事務所設立は長年の夢だったが現在は少し不思議な心境の中にいると明かしていた。

Text by Bangshowbiz

最終更新:10/7(金) 22:30

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

なぜ今? 首相主導の働き方改革