ここから本文です

本田、最終予選2勝目も浮かれず「一喜一憂せずに今日は今日で」

フットボールチャンネル 10/7(金) 1:42配信

【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

 終盤の81分、交代を告げられベンチに退いたのは本田圭佑だった。その後、チームに決勝点が生まれ、辛くも勝利。「課題は多かったが、それを笑って反省できるようなシチュエーションに(山口)蛍がしてくれた。前向きに受け止めたい」と試合を振り返った。

 原口元気の先制ゴールに絡むなど攻撃を支えた本田。「身体が重いように見えたが?」という問いには「動けていないという感触は特になかったが、決めるときに決めていればとか、細かいところのニュアンスはいくらか反省がある」と話した。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 だが、「それが普段試合に出ているから、出ていないから、特段気になったことはあまりなかった」と試合勘について問題視しなかった。

 劇的な勝利ではあったが、本田は「そんなに楽観視はしていない」という。そして「一喜一憂せずに今日は今日で、明日から切り替えてオーストラリア戦に向けてチームとして準備したい」と、今回のイラク戦をいい意味で忘れてアウェイに乗り込むつもりだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 6:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。