ここから本文です

ビジネスで「気になる人とグッと親しくなる」 4つの会話テクニック ~心理学でも証明!

NIKKEI STYLE 10/7(金) 11:20配信

心理学でも証明されている方法で

 何気なく会話をしていて、出身学部が同じとか、学生時代、同じようにバンド活動に熱中していたということが判明したとたんに話が弾み、相手と打ち解けた、仲良くなったという経験を持つ方は多いでしょう。

 「すごい出会いだ」「ご縁がある」――そう考えるのはもっともですが、学部が同じという確率は、同業者ならば比較的多いでしょう。私と同年配の方は「バンド世代」。ギターをはじめとする楽器に親しんだ経験をもつ方が多いのも事実です。ですから、本当のところ「すごい出会い」とまでは言えないでしょう。

 しかし相手に自分と似たところを見つけると、その相手に魅力を感じるようになり、より関心が向いてくるという傾向は、心理学の分野でも証明されています。それは、深層心理に「自分と似た人を見つけたい」という思いがあるからです。

 さらに言えば、共通点を見つけると、自分の考え方や行動、生き方を正当化して「安心感」や「安堵感」を得たいからだと言われています。

 逆に言えば、気になる存在の人がいて、親しくなりたい、会話を弾ませたいと思うならば、まず、何かしら相手との類似点を探すのです。それを会話のきっかけにしたり、さりげなくそのことに興味があるとアピールしたりするのです。それが相手からの好意を引き出す第一歩になります。

 例えば、

(例1)相手が「○○を見て感動した」といった場合、それがあまり興味のない「絵画」だとしても、「評判がいいですね。私も○○の絵には興味があります。今度の休日に見に行きます」と伝える。

(例2)相手が、本屋大賞を受賞した和田竜さんの「村上海賊の娘」が面白いと言った場合、その小説に関心がなかったとしても、「和田竜さんの作品はいいですよね」などと相手が教えてくれた物事には同意するといいでしょう。ただし、このような場合、中途半端な同意は逆効果になります。

 (例1)では、「□□さんがおススメの○○の絵を教えてくれませんか?」と返されると、まったく知識がなければ言葉に詰まり、ぼろが出ますよね。そのような場合でしたら、「正直、絵画には興味がなかったのですが、△△さんが感動したのならば素晴らしいに違いありません。早速、見に行きます」と伝えたほうが自然です。

 (例2)では、「和田竜さんの作品は他にどんなものを読みました?」と質問されて答えられなかったとしたら、「本当は何も知らないのに調子のいい人だな」と相手は思うでしょう。ですから、「話題になっていますね。小説はあまり読まないのですが、△△さんが面白いと言うのならば間違いないですね。帰りに本屋さんに寄ってみます」と伝えたほうが無理がありません。

 会話の中で類似点が見つけにくい場合では、相手の発言に共感するだけでも、親近感を呼び相手の関心を向ける効果があります。

1/3ページ

最終更新:10/7(金) 11:20

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。