ここから本文です

“エキストラ・ワンマイル”を行く努力 「最強の働き方」

Book Bang 10/7(金) 8:00配信

 グローバル・エリートを自称する人気コラムニスト、ムーギー・キムの『最強の働き方』がとても売れている。『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)や、『一流の育て方』(母親であるミセス・パンプキンとの共著、ダイヤモンド社)と、出す本すべてがベストセラーとなっている話題の著者の新作だ。丸善・丸の内本店では入口すぐの所に大展開されており、7月に発売された本ながら、8月末でもビジネス書のランキングで1位に入っていた。376ページとビジネススキルの本としてはかなりのボリュームで、本のつくりが凝っているのにもかかわらず、価格は通常のビジネス書と変わらない1728円。かなりお買い得な本である。

 装丁だけではなく、中身も素晴らしい。ユーモアあふれる語り口で書かれており、とても読みやすいので、ビジネス書を普段読まないような人でも、すらすらと読み進めることができるはずだ。書かれていることは普遍的で時代に左右されるものではないので、本書も一時的な流行では終わらず、長く読み継がれていく本になるだろう。こういった本は1度読んで終わりにするのではなく、何度も読みかえすことで活きるものだと思う。

 本書には仕事術の本にありがちな、こうすれば誰でも仕事ができるようになるといった魔法のようなことはいっさい書かれていない。逆に“一流の仕事とは一流の基本の積み重ねである”だとか、“できる人ほどメールは即リプライする”というように、一見すると当たり前のことばかりが書かれている。しかし本質というものは得てしてそういうものなのだろう。当たり前のことを当たり前にできる人こそがきっと一流のビジネスパーソンなのだ。

 彼らは日々の仕事で「エキストラ・ワンマイル」を行く努力をしているそうだ。「普通の人がやるであろう努力の一歩先を行く努力をしたかどうか」「自分の限界を超える圧倒的努力をしているか」を常に問いかけ、毎日少しずつ自分を成長させていく。このマインドセットを持つだけで、誰でも人より一歩も二歩も先に行けるようになるのではないだろうか。

[レビュアー] 田中大輔(某社書店営業)
※「週刊新潮」2016年9月22日号掲載

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:10/7(金) 8:00

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。