ここから本文です

本田、ハリルJの課題を指摘「『ここに入れば簡単に崩せる』場面の意思統一」

フットボールチャンネル 10/7(金) 2:14配信

【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

 イラクは活きのいい若手が多く、簡単に勝たせてくれる相手ではなかった。それでも、本田圭佑には思うところがあるようで、「今日もまだまだ組み立ての部分、ポジショニングの部分での課題が多い」と話す。さらに「『ここに入れば簡単に崩せるのにな』という場面の意思統一は本当に改善が必要」と危機感を口にした。

 具体的には、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の目指すサッカーの「ベースに乗りながらプラスα、選手が自分の得意としているプレーをピッチ上で加えていく」ことが大事だという。そのためにも「楽しくやる、自信を持ってやる」とメンタリティについても言及した。

 カウンターから先制点が生まれるなど、スピード感のある攻撃も見せた日本。これは指揮官が目指す形でもあるだろう。だが、アジア相手にはほぼ必ずボールを保持する展開となるため「本当はもっと相手が焦れるくらいやりたい。でも、それができなくなっているのは、自分たちのせいでもあるので、課題は多い」と口にした。

 勝利した試合でもチームの修正点を感じ取った本田。この日の自身のパフォーマンスは悪くはなかったが、決して良くもなかった。グループ最大のライバルと目されるオーストラリアとの決戦で、日本のエースはどのような働きを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 6:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。