ここから本文です

ご先祖様も喜ぶ!?お供え物にぴったりの『みたらし団子キャンドル』

@DIME 10/7(金) 12:30配信

神仏用ローソク・線香の製造開発を手掛けるカメヤマは、過去単品約8万個の出荷実績を誇る好物シリーズ『お団子キャンドル』の姉妹品として、『みたらし団子キャンドル』の販売を開始した。価格は680円(税別)。

カメヤマから、この季節にぴったりな好物キャンドルの新商品『みたらし団子キャンドル』が登場した。これまでは、故人の大好きなみたらし団子を仏壇にお供えしても、しばらく置いておくと虫が寄ってきたり、乾燥してしまったりするため、お供えしにくいのが現状だった。しかし、『みたらし団子キャンドル』があれば気兼ねなく、「みたらし団子のお供え」をすることが可能だ。

秋の定番和菓子の『みたらし団子キャンドル』は、柔らかくモチモチ感が感じられるお団子の上に、とろみのあるしずる感たっぷりのタレがお皿にもあふれ、リアル感は十分。そして火を灯すと、なんと中から白いお団子が出てくるのだ。お墓参りに行ったら、ご先祖様に『みたらし団子キャンドル』をお供えしてみては?

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:10/7(金) 12:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。