ここから本文です

原口、3戦連発も狙う「次はもっとクオリティを見せて、得点も狙っていきたい」

フットボールチャンネル 10/7(金) 3:54配信

【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 貴重な先制点を挙げ、勝ち点3獲得に貢献した原口元気。しかし「コメントするのは難しい」と勝利の余韻に浸る様子はなかった。

 それでも、最後に笑ったのは日本だった。原口は言う。

「最後のセットプレーに懸けていた部分もあったし、最後のゼロ秒、笛が鳴るまであきらめずにプレーできた。全員がそういう気持ちを持ってプレーしていたから、ギリギリでしたけど、勝ち点3を取れたと思う」

 得点シーンに関しては「良さが出た」と話す。26分、「あの取り方、得意なので」というボール奪取からカウンターが発動。最後は清武弘嗣のグラウンダーの折り返しをヒールで流し込んだ。

「あれだけ速い攻撃ができれば、どういう相手にもチャンスはできる」と原口は言う。しかし、その後が続かなかった。「ああいういい攻撃が形にならなかったのは課題。増やしたい」と反省点を述べた。

 後半には元々の武器であるドリブル突破を見せた。「個の部分でチャンスを作り出せたが、なかなかコンビネーションでチャンスは作れなかった」と満足はしていない。イラクも手強い相手だったようで「すごく気持ちが見えたし、フィジカル的にも準備されているチームだと感じた」と対戦相手に敬意を払った。

 ハリルジャパンでの定位置を掴みつつあるが「今日は点を取ったけど、それ以外の内容が良くない」と反省する。そして、「次はもっとクオリティを見せて、なおかつ得点も狙っていきたい」と3試合連続ゴールにも意欲を示した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 6:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。