ここから本文です

テレンス・マリック『聖杯たちの騎士』予告編、クリスチャン・ベールが6人の美女たちと巡り会う

リアルサウンド 10/7(金) 8:00配信

 12月23日に公開されるテレンス・マリック監督作『聖杯たちの騎士』より、予告編が公開された。

 本作は、『ダークナイト』のクリスチャン・ベール、『キャロル』のケイト・ブランシェット、『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマン、『マイ・ファニー・レディ』のイモージェン・プーツ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、『ライト/オフ』のテリーサ・パーマー、『トランスフォーマー/リベンジ』のイザベル・ルーカスらが共演する恋愛ドラマ。気鋭の脚本家リックと、6人の美しい女性たちの愛の記憶を描き出す。マリック監督とは『ツリー・オブ・ライフ』『トゥ・ザ・ワンダー』などの作品でタッグを組んだエマニュエル・ルベツキが撮影を担当した。

 公開された予告編では、ハリウッドとラスベガスを舞台に、ベール演じるリックが女たちとの享楽的な日々に溺れていく姿や、崩壊した家族の絆を取り戻そうと奔走する様子が描かれるほか、ブランシェットやポートマンら6人の美女たちに導かれ、探し求めていたものに近づいていく模様が映し出される。

 なお、本予告編は、10月8日から全国の上映劇場で上映される。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/7(金) 8:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。