ここから本文です

里崎智也のCS予想「キーマンは柳田。ロッテの不敗神話も注目です」

webスポルティーバ 10/7(金) 19:10配信

 10月8日、クライマックスシリーズ(CS)が開幕する。パ・リーグのファーストステージはソフトバンク(2位)とロッテ(3位)の対戦となった。今シーズン、両チームの直接対決はソフトバンクの16勝8敗1分。舞台となるヤフオクドームでは6勝4敗1分。現役時代、CSに3回出場し、2010年には「史上最大の下克上」の立役者となった解説者の里崎智也氏に、両チームの戦力を比較してもらった。

【写真】対ロッテは打率.366、5本塁打、21打点と滅法強い柳田悠岐選手。怪我の影響は?

 まずは、過去のパ・リーグのCSファーストステージの戦績を見て驚いた。2位チームのファイナル進出はわずか2度しかないのに対して、3位チームはじつに7回を数え、しかも6年連続で勝ち抜け中なのである。

「日本の場合、2位チームのアドバンテージはほとんどありません。本拠地開催といっても、相手チームのファンが1~2割はいますし、応援団の場所も確保されていて、アメリカのように完全敵地にはなりません。それに試合前の練習時間は少ないですが、ここまでくればそんなに必要ないですし……。強いて挙げるとすれば、3位チームはずっと先行が続くということ。でもそれも大きな問題ではありません」

 そして里崎氏は「ファーストステージは2勝すればいいので、絶対的エースがいるチームが圧倒的に有利」と言う。

 ここで、CSファーストステージで先発として登板する可能性が高い投手たちの直接対決での数字を見てみたい。

■ソフトバンク

千賀滉大/4勝0敗 防御率2.36

和田毅/3勝1敗 防御率2.48

バンデンハーク/2勝0敗 防御率1.20

武田翔太/2勝1敗 防御率5.40

■ロッテ

涌井秀章/2勝2敗 防御率3.60

石川歩/1勝3敗 防御率3.95

唐川侑己/0勝1敗 防御率4.22

スタンリッジ/0勝1敗 防御率6.30

「ロッテには防御率1位の石川と、涌井がいます。2戦目までを考えれば五分だと思います。ただ、3戦目までもつれてしまうと、ソフトバンクが圧倒的有利になります。ロッテは3戦目に唐川かスタンリッジ……。ロッテにしてみれば2連勝で終わらせたいところでしょう。とはいえ、シーズン終盤の涌井のピッチングを考えたら、すんなり2連勝するのは厳しい感じがします」

 続いて里崎氏がもうひとつポイントに挙げたのが、キーマンとなる選手の復調具合だ。最初に名前が挙がったのが、ソフトバンクの柳田悠岐だった。

 今シーズン、柳田はロッテ戦で打率.366、5本塁打、21打点と、得意としている。しかし、9月1日の西武戦で右手薬指を骨折。なんとかCSには間に合いそうだが、どこまで回復しているのかはわかっていない。

「出場するにしても、守備につくのか、それともDHでの出場なのか。打ったときに痛みはないと言っていましたが、投げることに支障はないのか。スローイングに影響があるのであれば、得点圏に走者がいて柳田選手のところに打球が飛ぶと走られまくります。DHに入るのではあれば、誰が守備につくのか。それだけでも全然違ってきますよね」

 一方のロッテは、戦列を離れていた救援陣が次々と復帰。春先を支えた強力リリーフ陣が戻ってきた。しかし、里崎氏は次のように指摘する。

「名前だけ戻ってきても意味がないんですよ。内(竜也)は4月の頃は150キロを連発していましたが、復帰後は145キロ前後ですからね。西野(勇士)にしても同じことが言えます。万全の状態で戻ることが大事なんです。4番のデスパイネもレギュラーシーズン最終戦に出場しましたが、手首の状態はどこまで回復しているのか」

1/2ページ

最終更新:10/8(土) 17:07

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。