ここから本文です

香川、ベンチで試合見つめ「もちろん悔しい」。1アシストの清武は「評価されるべき」

フットボールチャンネル 10/7(金) 4:25配信

【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 この試合のピッチに、香川真司の姿はなかった。出場機会は最後まで訪れなかったが、「得点を取ってくれて良かった」とチームの勝利を喜んだ。とはいえ、スタメンを外れたことについては「もちろん悔しい」としつつも「今は勝つことが何より大事。結果的に一番大事な勝ちが得られた」と振り返った。

 出場した選手たちは試合内容を課題に挙げていたが、それは香川も同じのようで「やっていかなきゃいけないことは、まだまだたくさんある」と話した。

 自身に代わってトップ下に入った清武弘嗣については「アシストであったり、あいつはやっぱりセットプレーが脅威になるので、そういうところは1つの武器。それが結果に繋がったということは、すごく評価されるべきだと思う」

 それでも、このままポジションを譲るつもりもない。

「自分には自分の良さがあるし、キヨにはキヨの良さがある。自分が必要になった時にしっかりとピッチで表現できるように準備していきたい」

 香川も、次のオーストラリア戦は出場する可能性がある。ピッチに立つとすれば、そこは自身の価値を証明するための場となる。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 6:58

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。