ここから本文です

「松ケン出るとかこれは見るしか」『デスノート』新作映画に松山ケンイチの“L”復活でファン歓喜!! 気になる“体型”は…

おたぽる 10/7(金) 20:02配信

 いよいよ今月29日に公開が迫った映画『デスノート Light up the NEW world』。大人気作『デスノート』シリーズの続編となる今作に、松山ケンイチが出演することがわかり、ファンを喜ばせている。

 松山といえば、『デスノート』にとっては欠かせないキャストの一人。ボサボサの黒髪にギョロっとした目、猫背で痩せ型の体型に白シャツ&ジーンズ、椅子に座る時は膝を抱える独特の姿勢で座り、常に甘いモノを食べ糖分を異常摂取している変人的な世界的名探偵・Lを“怪演”し、映画一作目の公開から10年経った今もなお、ファンからは熱く支持されている。

 今作では、主人公・夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)との死闘から10年後の世界を舞台に、6冊のデスノートを巡って争奪戦が繰り広げられる。デスノート対策本部捜査官・三島創には東出昌大、“Lの正統後継者”で世界的私立探偵・竜崎を池松壮亮、“キラの崇拝者”のサイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉が演じるほか、死神・リュークを中村獅童、“みさみさ”こと弥海砂を戸田恵梨香が続投。その中で、松山演じるLが、後継者である竜崎に、前作で難敵である月を食い止めるための最期の手段としてデスノートを使用したことへの思いを語るシーンがあるという。

 松山がLを演じるのは、2008年に公開されたスピンオフ作『L change the WorLd』以来、8年ぶり。映画公式サイトによれば、プロデューサーである佐藤貴博氏がファンサービスの気持ちで「何とかして松Lにも参加して欲しい」と出演をオファーしたそうだ。松山は、「また久しぶりにLを演じる事が出来てとても嬉しく思っています。なれたのは3分だけでしたが。でもそれ以上なれない位自分にとって心身ともに遠い存在になっていました。このように自分の中のLを探す旅みたいな事が出来たのもこの作品のおかげだと思って感謝しています」とコメントを寄せている。

 これを受けファンは、「松ケンLもう一度見れんの!?!?」「やったあああああああああああああ」「松ケンL~~;;;;」「きたーーー(^^)ーーー」と大興奮。オリジナルストーリーであることや、それまでは新作映画に興味を示していなかった人も、「デスノ映画は見に行かないと言ったな。あれは嘘だ。松ケンを見に行く」「全然興味なかったけど、急に観たい(笑)」「松ケン出るとかこれはいよいよ見るしか…!」「3分の為に映画館へ行く」と、映画鑑賞を決意するなど、松ケン効果は絶大のようだ。

 中には、「他の映画の役作りですごく太ってたけど大丈夫?」という不安の声も上がっているが……。

 松山は、5日、都内で行われた映画『聖の青春』(11月19日公開)の完成披露イベントで、主人公となる実在の将棋棋士・村山聖を演じるにあたり、体重を20kg増量したと明かしている。今年1月9日からクランクイン、2月中旬にクランクアップした同作。一方、『デスノート Light up the NEW world』は今年2月下旬にオールアップしている。松山の出演シーンがいつ撮影されたのかは定かではないが、役作りにこだわり“カメレオン俳優”“憑依型俳優”と称される彼だけに、体型の違いを嘆くファンの不安も吹き飛ばしてくれるだろう。

 8年ぶりにLを演じる松山が映画でどんな姿を見せてくれるのか、そして、「藤原月はよ」と出演に期待の声も上がっている藤原竜也演じるライト復活のサプライズはあるのか、29日の映画公開を楽しみに待ちたい。

最終更新:10/7(金) 20:02

おたぽる