ここから本文です

日本、W杯予選グループ2位浮上ならず。首位オーストラリア対2位サウジはドロー

フットボールチャンネル 10/7(金) 4:40配信

【サウジアラビア 2-2 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 2018年ロシアW杯アジア最終予選が現地時間の10月6日に行なわれ、日本代表と同組のサウジアラビア代表とオーストラリア代表が対戦。両者2ゴールを奪い合い引き分けに終わり、日本はグループ2位浮上とはならなかった。

日本は何位? 各グループ上位2チームが本大会出場 【W杯アジア最終予選グループステージ順位表】

 日本と同じグループBに所属する両代表はここまで2連勝と勝点6を獲得している。注目のグループ上位同士の対戦となったが、キックオフ直後に試合は動く。サウジアラビアがアル・ジャシムのゴールで早々に先制に成功した。

 しかし前半終了間際の45分、オーストラリアが反撃する。江蘇蘇寧に所属するセインズベリーのゴールで同点に追いついた。

 その後もオーストラリアの勢いは止まらない。71分にはユリッチが追加点を奪い1-2と逆転に成功する。しかしながら、サウジアラビアもすかさず一点を返す。79分にアル・シャハラニのゴールで2-2と追いついた。

 そのまま試合は2-2で終了。両代表ともに勝点1を分け合う形となり、日本はオーストラリア、サウジアラビアに次ぐ同率グループ3位につけている。

【得点者】
5分 1-0 アル・ジャシム(サウジアラビア)
45分 1-1 セインズベリー(オーストラリア)
71分 1-2 ユリッチ(オーストラリア)
79分 2-2 アル・シャハラニ(サウジアラビア)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 12:38

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。