ここから本文です

西川美和監督が新作『永い言い訳』で描きたかったこと

女性自身 10/7(金) 6:00配信

「毎日自分の能力の限界と対峙している、小説やシナリオを書くことに比べたら、映画の撮影はお祭りのようににぎやかな現場で、みんなでひとつの方向に進んでいくのは、ずいぶんと楽しいことなんだって、自分のなかのとらえ方が変わってきてますね」

 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第69回のゲスト・映画監督の西川美和さん(42)。妻を亡くした男と、母を亡くした子どもたちの交流を通し、人を愛する素晴らしさと歯がゆさを描き切った映画『永い言い訳』(10月14日全国ロードショー)。原作小説も好評で、今作もオリジナル脚本を手掛けている。2人の初対談は、ゆっくりと進んでいきました。

中山「10月公開の監督の最新作『永い言い訳』は、主人公が不慮の事故で妻を亡くすところから始まりますが、実は僕も8月に母を亡くしまして……。77歳の母は入院こそしていましたが、そこまでひどい病状ではなかったんです。いつもどおり『またね』って別れたんですよね」

西川「そうでしたか……。それでは、心の準備ができるような状況ではなかったんですね。おつらい時期に、この映画を見ていただいたんじゃないですか?」

中山「いつかその日が来るのはわかっていたつもりでしたが、いざ自分が当事者になると、まだ整理がつかないですね。そんなときに『永い言い訳』を拝見して、整理がつかなくてもいいんだと、救われた気持ちになりました。そもそもこの映画を製作した経緯は?」

西川「’11年の東日本大震災で、たくさんの方がたくさんの別れをなさって、つらい、悲しい、やるせないと苦しんでいる姿をメディアを通して知りました。私は性格がねじ曲がっているので、つい『自分だったら震災があった日の朝、家族といい形で別れていたかなぁ』と想像してしまって」

中山「けんか別れした夫婦もいただろうし、もめて別れた仕事相手もいただろうしね」

西川「そういう人たちはきっと自分の悲しみをストレートに語れず、後悔を自分の心の中だけにとどめているのではないか。そうした苦々しい別れを経て、新しい一歩を踏み出す様子を作品にしたら、どうなるのかと思ったのが、きっかけですね」

中山「きっと、悔いを残さない別れって、ほとんどないんですよね。小説を書き上げるまでに1年半、映画完成までに1年、トータル2年半くらい費やしたとか。モチベーションの保ち方は?」

西川「実際、最後のほうになってくると、『いい加減にしてくれー』って思うし、飽きてきますけどね(笑)。でも、映画ってひとつひとつの工程が違うので、付き合う面々も変遷していきます。シナリオ(脚本)の読み合わせではプロデューサーと数人だったのが、準備段階では助監督が入って、撮影部や照明部などどんどん人が入って、あらゆる人たちから私は攻め立てられます」

中山「俳優さんたちもそれぞれに悩んで、いろいろ聞かれるのでしょ?」

西川「シナリオを書いた私が、途中から『もう好きにしてくれ』と思うことも。今回は本木(雅弘)さんが私以上に役に対して悩んでくれて、『私はひとりじゃないんだ』って救われた気がしました」

最終更新:10/7(金) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。