ここから本文です

右サイドで停滞を招いた本田 「体が動かない感触はない」と“試合勘の欠如”を否定

Football ZONE web 10/7(金) 12:54配信

原口の先制点に絡むも、精彩を欠き決定機も決めきれず

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、6日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3節のイラク戦で先発出場を果たした。ミランで今季開幕から全試合スタメン落ちで出場時間わずか19分の本田は、FW原口元気の先制点の起点となるパスをMF清武弘嗣に出すなどわずかに見せ場はあったが、数々の決定機を迎えながらゴールを決めることができず。1対1でも相手を抜けず、スピード不足から日本のカウンター攻撃をスローダウンさせるなど、ミランでベンチ要員という現実が浮き彫りになる低調なパフォーマンスに終始した。試合2日前の合流という強行軍だったが「体が動いていない感触は特になかった」と、本田は“試合勘の欠如”を認めなかった。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 ミランでレギュラーの座を失った右ウイングに入った本田は、前半28分に最大のチャンスを迎える。清武との連携からゴール前でボールを再び受けて右足でシュートを放ったが、相手GKの真正面を突いた。さらに後半35分には左サイド原口からのクロスをヘディングで合わせたが、シュートは惜しくもポストをかすめるなど、持ち前の決定力を見せることができなかった。

 右サイドで相手を抜けない本田はサイドバックや周囲の攻め上がりを待つ一方、カウンターの場面で攻撃を停滞させる場面も散見され、後半36分に途中交代。後半アディショナルタイムに生まれたMF山口蛍の劇的な決勝ゴールはベンチから見守った。

 試合後、不発の背番号4は「そうですね。課題は多かったと思います。でも、それを笑って反省できるようなシチュエーションに蛍がしてくれたっていうことで、前向きに受け止めたいなと思いますし、僕自身も(日本の)2点目を取るチャンスがあったり、その辺の前向きな反省をできるのは勝ちゲームだけなんで、良かったと思います」とイラクとの接戦を振り返った。

先発落ちの香川に続く非情の大ナタも?

 セットプレーの守備では何度もヘディングで弾き返すなど、攻撃以外の部分での仕事では存在感を見せたが、ボールを持った際のスピードやクイックネスの欠如はいつも以上だった。2列目に並んだ清武、原口が切れ味鋭い積極的な仕掛けを見せるなか、右サイドで対峙したマーカーを抜けない本田が放つ停滞感はピッチ上で際立っていた。

 「身体が重いのかな、というように見えたが?」と報道陣に質問された本田は、即座に否定している。

「体が動いていないという感触は特になかったですけど、決める時に決めていればとか、細かいところのニュアンスはいくらか反省がありますけど。課題はいつもどおりあるかなと思いますけど、それが普段試合に出ているから、出ていないから、特段気になったことはあまりなかったですけどね」

 低調なパフォーマンスは、「パンキナーロ(ベンチ要員)」とイタリアメディアから命名されたこともあるミランの10番としての屈辱的な現状による副作用ではないという。試合2日前の合流でコンディション調整は難しかったはずだが、身体の動きはいつも通りと30歳になったベテランは語っていた。

 9月の最終予選2連戦にフル出場しながらパフォーマンスが冴えなかった香川真司(ドルトムント)は、この試合でポジションを失った。バヒド・ハリルホジッチ監督は本調子から程遠い本田にも、非情の大ナタを振るうのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/7(金) 12:54

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。