ここから本文です

酒井高徳、失点に絡むも「良い教訓にして次に進む」「自覚を忘れないことが大事」

フットボールチャンネル 10/7(金) 7:00配信

【日本 2-1 イラク 2018ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は6日、ロシアW杯最終予選でイラク代表と対戦し2-1の勝利をおさめた。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 この試合で先発出場を果たした酒井高徳は、60分に相手のセットプレーでアブドゥルアミールに競り負けゴールを許してしまった。これについては「「失点に絡んで、何してるんだろうって深く考えてしまったところもあります」と反省した様子を見せている。

 続けて「しかし、その自覚を忘れずにいることが大事だと思います。諦めるのはいつでもできるので、やり続けることがプロとして一番大事だと思います。成長の過程に失敗はつきものだし、いい教訓にして次に進みたい。自分も何かしらの形で貢献できるという画をしっかり描きながらやりたい」と、次に活かしていくとの考えを示した。

 最近の試合では、長友佑都が負傷明けという理由もありスタメン出場が増えている。これに関して「もちろん出るからにはポジションを渡したくない。そういう意味では今日の試合にかける思いは強かったが、結果が自分の思いとは正反対なものになってしまったのは悔しいです。自分はまだ代表で、スタメンだと胸を張って言えるようなポジションではないです。それは悪い意味で捉えているわけじゃなく、常にチャレンジャーの気持ちです」と、スタメン定着を狙っていることを明かした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 7:04

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ