ここから本文です

ロバート・ゼメキス最新作『マリアンヌ』、ブラッド・ピットが苦悩する予告編公開

リアルサウンド 10/7(金) 12:01配信

 2017年2月に公開されるブラッド・ピット主演作『マリアンヌ』より、予告編が公開された。

 本作は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ザ・ウォーク』のロバート・ゼメキス監督が手がけたラブストーリー。戦時中のヨーロッパを舞台に、時代に翻弄されながら巡り会ったマックスとマリアンヌの真実の愛を描き出す。マックス役のピットをはじめ、『サンドラの週末』のマリオン・コティヤール、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』のリジー・キャプラン、『セルフレス/覚醒した記憶』のマシュー・グードらが共演に名を連ねる。

 このたび公開された予告編は、ピット演じる極秘諜報員のマックスと、コティヤール演じるフランス軍レジスタンスのマリアンヌが共謀し、ドイツ大使を襲撃するシーンから始まる。その後、マリアンヌが“二重スパイ”の嫌疑をかけられていると知ったマックスが、愛しさと憎しみの中で苦悩する模様が映し出される。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/7(金) 12:01

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。