ここから本文です

韓国5人組バンド SULTAN OF THE DISCO、新アルバム詳細発表 氣志團 綾小路 翔が日本語詞担当

リアルサウンド 10/7(金) 12:11配信

 SULTAN OF THE DISCOが、12月7日にリリースする日本デビューミニアルバム『オリエンタルディスコ特急』の詳細を発表した。

 SULTAN OF THE DISCOは、ナジャム・ス(ヴォーカル、シンセ、ダンス)、J・J・ハッサン(ダンス、コーラス)、キム・ガンジ(ドラム)、G(ベース)、ホンギ(ギター)から成る韓国の5人組ソウル/ファンク/ディスコバンド。

 スルタン初の日本語楽曲となるリード曲「Oriental Disco Express」の日本語詞は氣志團の綾小路 翔が担当している。アルバムには、「Oriental Disco Express」をはじめ、バンドが自ら選曲し、今回のリリースに向けて新たなミックスとマスタリングを施した韓国盤既発曲も加えた全6曲を収録。また、今回の発表にあわせ、スペシャルサイトもリニューアル、新ビジュアル、ジャケット写真を公開した。

 10月25日には、渋谷TSUTAYA O-EASTで行なわれる『13th TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET LIVE』に出演する。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/7(金) 12:11

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。