ここから本文です

清武、大活躍でスペイン紙が高評価「日本の選択における”重要な柱”のまま」

フットボールチャンネル 10/7(金) 10:40配信

 10月6日に2018年ロシアW杯アジア最終予選のイラク戦が行われ日本代表は2-1の勝利をおさめた。この試合で先発出場を果たした清武弘嗣はゴールに絡む活躍を見せている。6日にスペイン紙『エル・デスマルク』が清武を評価した。

日本は何位? 各グループ上位2チームが本大会出場 【W杯アジア最終予選グループステージ順位表】

 清武は25分、本田圭佑とのパスワークから右サイドを駆け上がり、最後に原口元気の先制点をアシストした。さらに後半アディショナルタイムにはコーナーキックから山口蛍の劇的ゴールを演出する活躍を見せている。

 同紙はタイトルを「清武は日本がイラクに勝利する上でのキープレイヤー」とし、「清武弘嗣は日本の選択における重要な柱のまま。最初の得点は、原口の素晴らしいバックヒールによるゴールで、セビージャの選手はライン近くで攻め上がりアクションを提供した。前所属ハノーファーの選手は90分間フルに戦った」と、活躍ぶりを高評価している。

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 12:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)