ここから本文です

苦戦続きの南米王者チリ、エクアドルに完敗。W杯南米予選で3戦連続勝利なし

フットボールチャンネル 10/7(金) 12:20配信

【エクアドル 3-0 チリ 2018年ロシアW杯南米予選】

 現地時間6日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、チリ代表はエクアドル代表と対戦。アントニオ・バレンシアなどにゴールを許し、チリは0-3の敗戦を喫している。

日本は何位? 各グループ上位2チームが本大会出場 【W杯アジア最終予選グループステージ順位表】

 試合開始して19分、左サイドからのパスがゴール前に送られると、エクアドルの選手が一人スルーして右サイドから走り込んでいたバレンシアが先制点を決めた。さらに23分にはクリスティアン・ラミレスが追加点を入れて2点差に。そして46分にはDF裏に抜け出した選手からパスを受けたフェリペ・カイセドがシュートをゴールに突き刺して3点目を決める。

 結局、チリは1得点も決めることができず0-3と完敗した。チリは今年3月のベネズエラ戦に勝利して以降、W杯南米予選は3戦連続で勝利なしとなっている。今年6月にコパ・アメリカで連覇を達成した南米王者のチリが苦しい状況に陥っている。

【得点者】
19分 1-0 バレンシア(エクアドル)
23分 2-0 ラミレス(エクアドル)
46分 3-0 カイセド(エクアドル)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 12:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。