ここから本文です

ネイマール、キャリア通算300得点達成。代表通算49得点でジーコ氏超え歴代4位に

フットボールチャンネル 10/7(金) 13:00配信

 現地時間6日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、ブラジル代表はボリビア代表と対戦し5-0の勝利をおさめた。この試合に出場した24歳のネイマールは先制点を決めキャリア通算300ゴールを達成している。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 試合開始して11分、ガブリエル・ジェズスとのパス交換から最後にネイマールがリターンパスを受け取りゴールを決めた。キャリア通算300ゴールを達成しただけでなく、ブラジル代表として通算49得点目をマークし、ジーコ氏の記録を抜いて歴代4位に躍り出た。

 その後、ブラジルはフィリペ・コウチーニョ、フィリペ・ルイス、ジェズス、ロベルト・フィルミーノの4選手が得点を積み重ね5-0の勝利をおさめている。ただ、この試合でネイマールは相手選手から肘打ちを受けて顔面を血で真っ赤に染めるシーンがあった。この負傷も影響し69分にウィリアンと途中交代している。

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 13:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。