ここから本文です

セリエB監督の愛車“炎上“で放火の疑いも…? チームは低迷中

フットボールチャンネル 10/7(金) 13:20配信

 イタリア・セリエBのトラパニで指揮を執るセルセ・コズミ監督の愛車が”炎上”する事件が発生した。5日付の『コッリエレ・デッラ・セーラ』などイタリア複数紙が伝えている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 報道によれば、事件は4日の夜に発生。コズミ監督の自宅近くに駐車されていた同監督の愛車「アウディA6」が炎上したとのことだ。消防が鎮火させたものの、車は大幅に損傷した様子が写真に捉えられている。負傷者はいなかったようだ。

『コッリエーレ・デッラ・セーラ』はこの一件について、「放火の可能性もある」と伝えている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などは、最初の調査では放火をうかがわせる可燃物は見つからなかったとしながらも、さらなる調査が行われていると報じた。

 クラブは指揮官や家族へのサポートの思いを強調しつつ、「クラブを含めて誰も、いかなる意見や判断を述べることも認められない。ただ調査結果を待つだけだ」と公式サイトでコメント。サポーターグループも同様の声明を出したと『ガゼッタ』が伝えている。

 イタリア南部シチリア島に本拠地のあるトラパニは、昨季セリエBでレギュラーシーズン3位と躍進。クラブ史上初のセリエA昇格に迫ったが、プレーオフ決勝でペスカーラに敗れて昇格を逃した。今季は一転して低迷し、7試合を終えて未勝利で降格圏の21位に沈んでいる。

 コズミ監督は過去にセリエAでペルージャ、ウディネーゼ、レッチェ、シエーナなどを指揮。2014年からトラパニを率い、昨季の躍進によりトラパニの名誉市民も授与されている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 13:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。