ここから本文です

メッシ不在のアルゼンチン、ペルーとドロー。W杯自動出場圏外へ後退

フットボールチャンネル 10/7(金) 13:12配信

【ペルー 2-2 アルゼンチン 2018年ロシアW杯南米予選】

 現地時間6日に2018年ロシアW杯南米予選が行われ、アルゼンチン代表はアウェイでペルー代表と対戦。2度のリードを奪ったが追いつかれ、2-2のドローに終わっている。

 エースのリオネル・メッシを負傷で欠くアルゼンチンだが、それでもディバラ、イグアイン、アグエロと強力アタッカーを並べた布陣で試合をスタート。15分にはCKからのこぼれ球をDFフネス・モリが押し込んで先制することに成功した。

 そのまま1点差で折り返したが、後半にはペルーが反撃に転じる。58分、カウンターを仕掛けたペルーは左サイドから前線へ一気にロングボールを送ると、ゲレーロが胸トラップから右足を振り抜く豪快なゴールで1-1の同点とした。

 77分にはサバレタのパスでエリア内に抜け出したイグアインがGKのニアを破って再びアルゼンチンが2-1と突き放す。しかし84分、マスチェラーノが不用意なバックパスをゲレーロにプレゼントしてしまい、エリア内に侵入したゲレーロをフネス・モリが倒してPK。クエバが確実に決め、再びペルーが試合を振り出しに戻した。

 結局試合はそのまま2-2のドローで終了。勝ち点1の獲得にとどまったアルゼンチンは、W杯本大会にそのまま出場できる4位以内から転落し、大陸間プレーオフが必要となる5位に後退している。

【得点者】
16分 0-1 フネス・モリ(アルゼンチン)
58分 1-1 ゲレーロ(ペルー)
77分 1-2 イグアイン(アルゼンチン)
84分 2-2 クエバ(ペルー)

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 13:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。