ここから本文です

マスチェラーノ、致命的ミスで自分に憤慨「僕のミスで勝ち点3を逃した」

フットボールチャンネル 10/7(金) 18:03配信

 バルセロナ所属のアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノは、ワールドカップ予選の試合で失点に繋がる決定的なミスを犯した自分自身に憤慨している。試合後にアルゼンチンメディア『TyCスポーツ』にコメントを述べた。

【写真】有名選手の美人パートナーやガールフレンド…欧州美女特集

 現地時間6日に行われたロシアW杯南米予選の試合で、アルゼンチンはアウェイでペルーと対戦。エースのリオネル・メッシを欠きながらも、FWゴンサロ・イグアインのゴールなどで2-1のリードを奪い、勝ち点3を手に入れるかに見えた。

 だが、残り10分を切ったところで経験豊富な名手がまさかのミスを犯してしまう。マスチェラーノが出した不用意なバックパスは、そのままペルー代表FWパオロ・ゲレーロへのプレゼントとなってしまい、フリーでエリア内に侵入したゲレーロに対してDFラミロ・フネス・モリがたまらずファウル。このプレーで得たPKを決め、ペルーが2-2のドローに持ち込んだ。

 マスチェラーノは試合後に、「クソみたいだ。僕のミスで勝ち点3を取れなかった」と吐き捨てた。「自分の犯したミスに対して、興奮と怒りを感じながら帰らなければならない」と不満をあらわにしている。

 アルゼンチンはこの引き分けにより、南米予選の5位に後退。首位との差は3ポイントという接戦だが、このままの順位であればW杯本大会にストレートで出場することはできず、大陸間プレーオフを戦う必要があることになる。

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 18:08

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。