ここから本文です

セルティックの“13歳神童“をイングランドが狙う? 将来の代表招集へ争奪戦か

フットボールチャンネル 10/7(金) 18:56配信

 13歳でU-20チームにデビューして世界的な話題となったセルティックの”神童”に、イングランド代表が早くも食指を伸ばそうとしているようだ。6日付の英紙『デイリー・メール』が伝えている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 セルティックの下部組織に所属するMFカラモコ・デンベレは今週、13歳ながらもU-20セルティックの試合にデビューしたとして大きな注目を集めた。年齢相応に他の選手より明らかに小柄なデンベレだが、U-20チームに入って遜色のないプレーを見せていたという。

 イングランドサッカー協会(FA)は、未来のスター選手となることが期待されるデンベレを自国の代表チームでプレーさせたいと考え始めているのではないかとみられている。ロンドンでコートジボワール出身の両親から生まれ、5歳の時にスコットランドのグラスゴーへ移ったというデンベレは、将来的にコートジボワール、イングランド、スコットランドの3ヶ国の代表入りの資格を持つことが見込まれる。

 現時点でのデンベレの居住国であるスコットランドも、当然ながらこの金の卵を逃したいとは思っていない。来月行われるU-16代表の大会にデンベレを招集することを検討しているのだという。

 FAは先日、セルティックのトップチームで活躍するU-21フランス代表FWムサ・デンベレの招集の可能性を探ろうとしているとも報じられていた。2人の“デンベレ“はイングランドからのラブコールに応じるのだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:10/7(金) 19:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。