ここから本文です

【日本代表】本田の静かな苛立ち。「20年くらいサッカーをしてきて、それくらい分かるやろ、と」

SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 6:00配信

「この感じだとダメ。もう少しずる賢さが欲しい」

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 劇的な形でイラクを破ったが、本田は淡々としている。

【PHOTO】フットボーラーの「美人すぎる」妻&恋人たち


 
「楽観視はしていません。これはこれ。次は次だという切り替えが大事かなと。本当に次につないだというだけの認識なので、一喜一憂せず、今日は今日で喜べばいいですし、でも明日からは切り替えて、オーストラリア戦に向けてチームとして準備したい」
 
 本田の口から出てくるのはどちらかと言えば反省の言葉ばかり。イラクとの一戦を振り返るコメントには、少し苛立ちが混じっているようにも聞こえた。
 
「監督の指示以外のことが起きたときの対応、それは選手各々がピッチの上で感じてやらないといけないところ。そのいわゆるプラスアルファのところは、何人か近い選手と話し合いながらとか、ここまで出た課題とか、特に戦術的な部分でね、付け加える意識は持っている。
 
 ただ、今日もまだまだ。組み立て、ポジショニングの部分の課題は多いかなと。ここにいれば簡単に崩せるという場面での意思統一、そこに関しては改善が必要かなと、もっと簡単に崩せると思うんですよね」
 
 とはいえ、限られた時間で試合に臨む代表チームでその意思統一を図るのはなかなか難しい。だからこそ、本田は「プラスアルファ」が重要になるという。
 
「(代表チームの試合では)基本、やりたいようにやる。サッカーってやらされて良いプレーができるわけではないので。とはいっても、ベーシックを作るのは監督。そのベースに乗りながらプラスアルファ、選手が得意としているプレーをピッチ上で加えていく意識を持たないといけない。選手が窮屈に感じて、自分の特長を出せなかったら意味がない。自信を持ってやるってことじゃないですかね」
 
 課題が多い状況下で迎えるオーストラリア戦は、イラク戦以上に「厳しくなる」。本田はいつもの独特な言い回しでチームに注文をつけた。
 
「アウェーでしょ。想像以上に押し込まれるシチュエーションになる。僕の頭の中ではそう描いています。この感じだとダメ。もう少しずる賢さが欲しい。アウェーではアウェーでの戦い方がある。誰かが身体を張って2~3秒キープしただけでも、天と地の差ぐらいシチュエーションが変わったりする。
 
 クリアする場所とか、本当に細かいんですけど、その辺の意思疎通というか、もう意思疎通じゃないですね。サッカーをやっていれば分かるだろというところを、どれだけピッチに立っている選手が分かるかですよね、苦しい時に。

 本当にそれぞれの判断。そんなことをすり合わせている時間もないし、ここまで自分で築いてきて、20年くらいサッカーをしてきて、それくらい分かるやろ、というところなので。阿吽の呼吸みたいなものがないと、オーストラリア戦は勝点3を取れないと思っています」

最終更新:10/8(土) 16:21

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。