ここから本文です

【日本代表】先制弾の原口が口にした課題。「個人では打開できたけど…」

SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 0:22配信

「今日のようなプレーではやられてしまう」。

【ロシアW杯アジア最終予選】日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉スタジアム2002
 
 イラクをホームに迎えたロシア・ワールドカップ・アジア予選の第3戦、原口元気はタイ戦に続いて左ウイングで先発した。25分に価値ある先制点をマークしたうえ、同点に追い付かれた後半は再三決定機を演出した。
 
 先制点の場面では、相手FWからボールを奪ってカウンターの起点となり、最後は清武弘嗣のグラウンダーのクロスをヒールキックで合わせてネットを揺らした。本人はこう振り返る。
 
「あれは自分の良さが出たかなと思います。ああいう(点の)獲り方は得意なので。(本田)圭佑くんとキヨ(清武)くんが良いコンビネーションで崩してくれて、自分としても上手く入っていけた」
 
 とはいえ、ボールタッチが極端に少なかった前半は反省材料だろう。持ち味であるスピードに乗ったドリブルを披露できるようになったのは、敵陣にスペースが生まれた後半からだった。
 
「個の部分では打開できましたけど、コンビネーションではあまりチャンスは作れなかった。そこは課題だと思います。監督からアイデアも出てるはずですし、改善していきたいですね」
 
 5日後にはオーストラリアとの大一番が控えている。グループ最大のライバルと目される相手だけに、原口も気を引き締める。
 
「今日のようなプレーではやられてしまう。そのためには、もっと準備をしてもっと良いプレーをしないと勝てない」
 
取材・文:高橋泰裕(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

【W杯最終予選PHOTO】日本 2-1 イラク|山口、執念の決勝ボレー弾!

最終更新:10/7(金) 0:55

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。