ここから本文です

西野技術委員長、海外組の試合勘のなさを懸念「正直厳しいゲームをやっていないのを感じた」

SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 5:30配信

とりわけ起用されなかった香川のコンディショニングに強い懸念を示す。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本2-1イラク/10月6日/埼玉
 
 劇的な勝利を収めたイラク戦の余韻も冷めやらぬなか、西野朗技術委員長が報道陣の取材に答えた。
 
 まずは試合内容に関して、重圧の中で勝ち取った勝利に手応えを感じた一方で、厳しい目も向けている。
「正直トップパフォーマンスでゲームをやっていたとは考えられない。こういうなかなかチームがフィットしていない中で、こうした勝利を掴めたことはまさしく次につながる、可能性を掴みにいけるゲームになった。ただし、やはり個のコンディションの差も感じるし、チーム全体での高いイメージを共有できていない。もっと引き出さなきゃいけないし、やれると思う」
 
 好意的な評価を見せたのは、先制点の原口、決勝点の山口や途中出場でいくつかの決定機を掴んだ浅野ら、チーム内では比較的若い選手たちについてだ。
「原口は自チームでもそうだし、代表に来ても貪欲にアグレッシブにやっていると感じるし、蛍も制限された時間内で良いパフォーマンスを見せた。キックの正確性とかは折り紙付きで、(決勝点の)ああいうシュートも別に驚くことではないと思う」
 
 一方で、不安視するのは海外組のパフォーマンスに関してだ。所属クラブで定位置を掴めていない選手が多く、「コンディションというよりも試合勘の問題。ゲームに対するバランス感覚が取り切れていない」と語った。とりわけイラク戦で出場機会を掴めなかった香川に対しては強い懸念を示している。
「(時間を)制限して出られればまた違ったかもしれないけど、真司の個人的なコンディショニングっていうのは、さらに必要になってくると思う。その辺も次に向けて、短い時間のなかで作っていかなきゃいけない」
 
 こうした状況を改善すべくハリルホジッチ監督も苦心していることを明かしたが、「ゲーム勘は一朝一夕で上がるものではない。正直、ここ1か月なかなか厳しいゲームをやっていないのを感じた」と語り、選手個々の実戦不足の影響は予想以上に大きいようだ。
 
 ハリルホジッチ監督の進退問題については、「まだでしょう。まったく私自身は考えていません」と一蹴したが、予選突破へまだまだ楽観できるような状況ではない。西野委員長自身も「1試合1試合楽なゲームはない。イラクもまだギブアップしていないし、これからさらに厳しくなる」と、道のりの険しさを実感していた。

【日本 2-1 イラク|PHOTOギャラリー】山口の劇的弾で苦しみながらも勝利を掴む!

最終更新:10/7(金) 5:52

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ