ここから本文です

【本田圭佑の証言】自身のパフォーマンスに「身体が動いていないという感触は…」

SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 17:00配信

運動量も少ないように映ったが、果たして本田自身の見解は…。

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 記者席から見ていて、本田の動きは重そうだった。ボールこそ収まるものの、ドリブルで振り切るようなシーンは少なく、運動量も少ないように映ったが、果たして本田自身の見解は……。

【日本 2-1 イラク|PHOTOギャラリー】山口の劇的弾で苦しみながらも勝利を掴む!


 
 「僕自身も2点目を取れるチャンスがあったりとか、そのへんも前向きな反省をできるのは勝ちゲームのみなので」と言った後、「身体が動いていないように見えたが」というニュアンスの質問に対して次のように答えていた。
 
「う~ん、身体が動いていないという感触は特になかったですけど。そんな、まあ、決めるところを決めていればとか、細かいところのニュアンスでいくつか反省点はありますけど。課題はね、いつも通りそれはあるかなと。ただ、まあ、それが普段試合に出ているから、出ていないから特段気になったところはあまりなかったですけどね」
 
 精度はともかく、シュートはチーム最多の4本。先制点に絡んだプレーも含めれば、最悪の出来だったわけではない。ただ、代表でのビッグマッチで必ずと言っていいほど決定的な仕事をしてきた数年前と比べると、相手に与える怖さはなくなってきているようにも見えるが……。

最終更新:10/7(金) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。