ここから本文です

ジーコ越えの活躍も大流血…ネイマールが良くも悪くも主役に

SOCCER DIGEST Web 10/7(金) 17:02配信

顔半分が血で染まるほどのアクシデント。

 10月6日のロシア・ワールドカップ南米予選9節でブラジルは、ボリビアに5-0と快勝。同予選の3連勝を飾った。
 
 11分にネイマールが先制弾を叩き込み優位に立つと、26分にフィリッペ・コウチーニョ、39分にフィリペ・ルイス、44分にガブリエウ・ジェズスと前半だけで4得点を奪って試合を決定づける。75分にもロベルト・フィルミーノがダメ押しのゴールを挙げたブラジルは、ボリビアをまったく寄せ付けなかった。
 
 この試合で別格の動きをしたのが、1ゴール・2アシストを記録したネイマールだ。11分の先制点は自身のプロ通算300ゴール目と同時に、ジーコの記録を抜き歴代4位となるA代表の49ゴール目でもあった。
 
 チームを勝利に導くメモリアルゴールを決めたネイマールだったが、この日の引き際は痛々しいものとなってしまった。
 
 64分に敵陣左サイドでボールをキープした際に、正面から向かい合っていた相手FWのドゥクの肘が顔面にヒット。右目の外側あたりから流血し、顔の右半分が血で染まるほどのケガを負ってしまったのだ。さすがに倒れこんだネイマールはピッチに復帰できず、69分にウィリアンとの交代を強いられた。
 
 メモリアルゴールとまさかのハプニング交代。良くも悪くもネイマールはこの日の主役となってしまった。
 
◎ネイマール300ゴールの内訳
サントス:138ゴール
バルセロナ:95ゴール
ブラジル(年代別代表を含む):67ゴール
 

フットボーラーの「美人すぎる」、「セクシーすぎる」妻&恋人たち

最終更新:10/7(金) 19:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。